1. マスターズ優勝のカブレラ、故郷アルゼンチンが大歓迎

マスターズ優勝のカブレラ、故郷アルゼンチンが大歓迎

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 68 Views

「グリーンは自分に似合う」と、カブレラは4/15日、最初の南アフリカからの優勝者として授与されたグリーンジャケットを着用、満面の笑みで話したとのこと。

今年のマスターズをプレーオフの二ホール目で制した二日後、エルパト(El Pato=あひる)のあだ名を持つカブレラは自身の生まれ故郷、北中央アイルランドのコルドバ州、ビラ・アレンデ(Villa Allende)の大観衆の中に凱旋した。

既に2007年には全米オープンにも優勝しているカブレラ(39歳)は「犠牲と努力により、何事も成し遂げられる。今、自分は3つ目のメジャーに向かっており、最低5つ勝つまではやめるつもりはない」と語っている。

30年前、カブレラはビラ・アレンデにあるゴルフコース、コルドバ・カントリークラブで、キャディとしてゴルフに出合っている。貧しい環境の中、カブレラは祖母により育てられ、15歳の時に貸しクラブでゴルフを始めたそうだ。当時クラブのメンバーだったエドアルド・ロメロ(Eduardo Romero:アルゼンチン出身シニアプロ)が金銭的にカブレラを支援し、彼のトーナメント生活、海外遠征を支え、20歳でプロに転向している。

ちなみに二つのメジャー優勝だけが彼の(米国)PGAツアー勝利であり、他にはヨーロッパツアーで3勝している。(AP – PGA.com 4/15)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 中井学が43歳でPGAプロテストを受けた理由とは?

    • メジャー優勝用具とブランド売上

    • ミズノ、伊藤有志プロと契約

    • 『ASTROツアーFチタニウム』と『ASTROツアーU』が登場

    • マスターズ ASTRO TOUR VⅢ, ASTRO PREMIUM

    • マスターズ ASTRO PREMIUM