1. 米LPGA、カパルアトーナメントの主催者が撤退

米LPGA、カパルアトーナメントの主催者が撤退

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 80 Views

 
LPGAコミッショナー代理のリバ・ギャロウェイ女史は6/30日、そのニュースリリースの中で、今年10月のトーナメントが開催できないという決定に「(LPGAは)非常に落胆している」とコメントしている。同女史によれば、LPGAとしては契約に基づく法的措置を行使する予定とのことだ。
 
契約当事者のカパルア・ランド社(Kapalua Land Co.)は、スポンサー無しでのトーナメント維持は不可能になったと話しており、同社リゾート業務担当上級副社長のゲイリー・プラノス氏は「非常に残念なことだが、タイトルスポンサーが確保が困難な現在の経済環境が現実だ」と話している。
プラノス氏は、カパルアが今年のトーナメントの延期を希望していたが、タイトルスポンサーの獲得が可能になる時まで保留することになったもの。しかし同氏はこれがLPGAに認められるかは不確実だと言っている。
 
カパルア自体は2008年、このトーナメントの初年度からタイトルスポンサーだった。
カパルア・ランド社はマウイランド&パイナップル社の子会社だが、昨年12月31日締めの四半期で7,060万ドルの赤字を経常している。なお同社前年同期業績は400万ドルの赤字だった。
ちなみに昨年10月の第一回カパルアLPGAクラシックの優勝者はモーガン・プレッセル。
(AP – USA Today 6/30、ESPN.com 6/30にも同記事)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ツアーでのニーズから製品化された『PISTOL GT 2.0/1.0/TOUR』

    • BS契約プロ、日・米男子ツアーW優勝の快挙

    • テレサ・ルーが日米両ツアー初優勝!

    • PGAツアー、FedExがシリーズスポンサー継続の見込み

    • ブリヂストンが米国でツアー級カラーボールを発売

    • ブリヂストンがデイビス・ラブIIIと契約