1. LPGAコミッショナー、ビベンス女史退任へ

LPGAコミッショナー、ビベンス女史退任へ

プロ・トーナメント関連
この記事は約 4 分で読めます。 74 Views

LPGA理事会は、同ツアーのトッププレーヤー数人から、ビベンス女史の退任を求める書簡を受け取ったことにより、それに沿って行動を起こすことに決定した。
 
関連記事>>LPGAプレーヤーがビベンス女史の退陣を要求
 
公式見解は、現在行われている全米女子オープンの後発表されることが予想されている。これを伝えたゴルフワールド誌の表現によれば「(プレーヤーからの)書簡は死刑判決だった」としている。又、同誌は「プレーヤーからの信頼喪失は同女史の胸を突き刺した」とも表現している。
ビベンス女史が2008年に締結した3年契約延長は、後1年半を残しており、彼女の報酬は、LPGAの納税報告書によれば、年間50万ドルとのこと。(ゴルフワールド誌情報 – ESPN.com 7/9)
 
(ゴルフウィーク誌サイト記事):ゴルフウィーク誌が7/9日に得たツアー内部情報によれば、ビベンス女史はLPGAコミッショナーとしての残り2年の任期を待たずに退任する予定のようだ。
先週、LPGAツアープレーヤーの反乱に合ったLPGAコミッショナービベンス女史は退任しなかったと、LPGAツアーのスポークスマンはゴルフウィークに話したが、ゴルフウィークが知るところでは、LPGA理事会は、1週間にわたりプレーヤー達が提議したビベンス女史問題に関して極秘ミーティングを行い、ツアーの将来とリーダーシップ問題解決に焦点を当て行動を起こした。
 
ビベンス女史(56歳)は、LPGAメジャートーナメントの全米女子オープンに参加しなかったが、情報によれば、同女史はフロリダ州デイトナビーチのLPGA本部の職場にも居なかったとのこと。
しかし、LPGA広報主任のデイビッド・ヒグドン氏は「カロライン(ビベンス)は退任していない」と、ゴルフウィーク誌に対するeメールで、詳細の説明無しに回答している。
一体、彼女はどこで何をしているのだろう?
 
スポーツビジネス・デイリー紙は、匿名情報によるものとして、同紙のウェブサイトで7/9日、ビベンス女史が残り2年の任期のバイアウト(給料は支払うが解雇する条項)に同意を示していると伝えている。ちなみに彼女の報酬は年50万ドルといわれている。同紙は更に、LPGAがゴルフ業界トップに、ビベンス女史の後任探しを委託したとも伝えている。
 
LPGAは2007年以来、ハワイ開催の3トーナメントを含む7トーナメントを失っており、更に6トーナメントは今年の中国LPGAを含みスポンサー無しのトーナメントとなっている。トーナメントのオーナー達からは、ビベンス女史が、無理で過剰な金銭的要求をつけてきているとの苦情が増加してきており、彼等の話では、例えば、不況による収入不足で、トーナメントを主催するのも現実には不可能なのに、より高い公認費が要求されていたとのことだ。ビベンス女史は、ツアーがトーナメント運営を賄えないと強調し、より財務的に強化されることを必要としていたとのこと。
 
LPGAトーナメントの縮小に不満を持つプレーヤーの主立ったメンバーは、コーニングクラシック開催中に、ビベンス女史の退任を求める書簡を起草していた。
その書簡にサインした一人とゴルフウィーク誌に明かしたスーザン・ペターソンは、「私達みんなはツアーのために立ち上がっている。今や、解決方法を見つけるのは私達のリーダーと理事会に委ねられている」と話している。
ポーラ・クリーマーも同様に、その書簡にサインしたと話しており、その他、ロレーナ・オチョア、モーガン・プレッセル、ナタリー・ガルビス、クリスティ・カー、ヤニ・ツェン、ミシェル・ウィーも会合には加わっていたが、彼女らが同様にビベンス女史の退任を要求したかは不確実だ。
その書簡は13人のメンバーからなるLPGA理事会に届けられている。
なおLPGA理事長のドーン・ハドソン氏は、現在、ゴルフウィークの取材要望に対してコメントを拒否している。(ゴルフウィーク 7/9)
 
不況期のスポンサー離れを加速させたビベンス女史の強引な協会運営に不満を持ったLPGAトッププレーヤー達による突然のクーデター、結果は全米女子オープンの結果が判明した後に伝えられることだろう。
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • LPGAが厳しい新ドレスコードを設定。違反者には約11万円の罰金

    • 米国主要ゴルフ団体が自我を捨てゴルフ振興へ協力の誓い

    • LPGAは羽田空港で開幕式!

    • 全日空がLPGAメジャーのタイトルスポンサーに

    • 全米女子プロ選手権をPGA・オブ・アメリカが運営

    • アンカーリング、米国ゴルフ界の反応