1. ミケルソン”ウッズの復帰が必要”と発言

ミケルソン”ウッズの復帰が必要”と発言

プロ・トーナメント関連
この記事は約 3 分で読めます。 86 Views

 
ミケルソンはトーリーパインズのトーナメント前記者会見で、ウッズの欠場問題に関し話し「ゴルフには彼の復帰が必要だ。復帰することは彼にとっても重要だし、ゴルフにとっても大事だと言うことだ。しかし現在、彼には人生でそれより大事なことが起きている。彼とは友達だし個人的な関係もあるので、そのことを公の前では話したくない」と語り「エイミー(ミケルソン夫人)と私は、タイガー、エリン夫妻とも親しい友人関係で、この問題で深く心を痛めている。でも自分はこの事について公にこれ以上語らないことを選ぼうとしており、それを理解して欲しい」と話した。
 
現在世界ゴルフランキング二位のミケルソン(39)は、2009年度を好成績で終わった後、ファーマーズ・インシュランス・オープンから今年のツアー活動を開始しているが、現在「ウッズ一家とは限られたコミュニケーションしかなく、個人的な友人であることでそれについて語りたくない。そのことが我々お互いの信用と関係を傷つけそうな気がする」と話している。
 
2009年、ミケルソンは、エミー夫人、母親のマリー双方の乳ガン発症に悩まされたにもかかわらずPGAツアーで3勝を上げている。彼は前シーズンの最後をツアー選手権の勝利と続く非公式WGC競技、中国でのHSBC優勝で飾っており、その双方でタイガー・ウッズを下している。
 
>>【関連記事】ミケルソン、夫人の乳ガンでPGAツアーを中断
 
しかしミケルソンはウッズの欠場を埋めるのが自分の仕事とは考えておらず、「自分はそのように考えたことはない。ただゴルフのプレーに燃えているだけだ」と言い、「誰も彼の穴を埋めることは出来ない。自分はこれまでずっとNo.1になることを狙ってきたが果たせていない。しかし今年タイガーが居ようと居まいとメジャーに勝つチャンスはあると思っている」と話している。
 
ミケルソンは夫人と母親双方の状態は良好だと話しているが、その治療状態が彼の2010年スケジュールを狂わせる可能性もあると話している。(この時も二人は進行中の治療から帰ってきたばかりだったとのことだ)
ちなみに、ミケルソンは近く行われるWGCアクセンチュア・マッチプレー選手権を、家族との時間を過ごすために欠場することを表明している。
 
ミケルソンは「このようなことが今年を通して何回か起きると予測しており、何試合か欠場することになるかも知れない。しかしその場合は出場試合を後から増やして欠場した分の埋め合わせすることになるだろう」とも話している。
 
現在の予定では今週のファーマーズ・インシュランスに続き、次週のノーザントラスト・ロサンジェルスオープンにディフェンディングチャンピオンとして出場、続くAT&Tペブルビーチ・プロアマにも出場した後、マッチプレーを休み、その後のフェニックスオープンから再び出場することになっている。
ミケルソンは「今年の活動開始に燃えている」と話している。(ESPN.com 1/27)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • Kasco 2018 – キャスコWebカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

    • Bridgestone Golf 2018 春夏 – ブリヂストンゴルフ Webカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

    関連記事

    • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

    • タイガー・ウッズ、飛ばないゴルフボール提案への反応

    • 待望のタイガー復帰戦!ヒーロー・ワールド・チャレンジ

    • キャロウェイ、ミケルソンと契約を更新

    • タイガー・ウッズとの契約には選手以上の意味がある。ブリヂストンゴルフ(米)

    • タイガー・ウッズと宮里藍