1. PGAツアーはピンEye 2ウェッジの使用を禁止するか?

PGAツアーはピンEye 2ウェッジの使用を禁止するか?

プロ・トーナメント関連
この記事は約 3 分で読めます。 226 Views

果たしてPGAツアーは、フィル・ミケルソン、ジョン・デイリー他のプレーヤーが、1984年から1990年4月1日まで作られていた角溝(スクエアグルーブ)のピンEye 2使用を、USGAの特別許可措置にもかかわらず禁止する可能性があるだろうか? 多分これは簡単な話ではないだろう。
その理由は:1993年、PGAツアーは、ピンにより起こされた角溝に関する訴訟の調停に合意した(USGAは既に1990年に調停を行っていた)。その調停の一部として、PGAツアーは、1984-2000年の間に作られたピンEYE 2の使用許可を含んだUSGAのルールに従うことを合意している。

>>【関連記事】USGAがグルーブ規制に関するQ&Aを発信

ミケルソン、デイリー他のプレーヤー達は、2010年からの競技規則としての低スピンウェッジ使用義務に直面し、旧式のピンEYE 2ウェッジを試験的に使用することを決めた。
何故なら、それらのウェッジは角溝であるばかりではなく、特に鋭いエッジを有していたのだ。それはこれらのウェッジが高いスピンを生み出すことを意味する。

ピン社CEOのジョン・ソルハイム氏は「これにはU溝(角溝)に対して複数の異なる形がある。当初のもの(1984年からのもの)には非常に鋭い角があった。そしてそれは当時ゴルフボールを傷つけていた。そこで、その後のグルーブは改良されてきている」と話している。

現在、柔らかいバラタカバーが使われていないボールは(当時より)ずっと硬くなっている。
ソルハイム氏は「現在のボールはそれ(鋭い溝)に耐えることが出来る。それが違いだ。プレーヤー達が古いピンEYE 2を使っても、ボールが削られることはない」と話している。
どのようにしてPGAツアーはこのウェッジを禁止できるだろうか?

ソルハイム氏は「PGAツアーと当社の合意は、ツアーがUSGAルールに従うということだ。それ以外のことをしようとするのならそれを証明する必要がある。いずれにしろそれは簡単なことではない。自分は彼等がそれを行う方法はないと思う」と話している。
ピンの弁護士は「これは段階の問題だ。全ては科学の問題で、判断が正しいと確認するためには専門家のパネルが必要になるだろう。それにはメリットがないしお金もかかる」とその考え方を説明している。

それであればミケルソンやその仲間達が、継続してその古いウェッジを使い続けたとしても問題ないだろう。(ゴルフウィーク 1/28記事より)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Lynx 2018 – リンクスWebカタログ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • キャロウェイ、ミケルソンと契約を更新

  • キャロウェイ、ミケルソン、全米オープン絡みで大胆キャンペーン

  • キャロウェイ、X2 Hot Deepフェアウェイウッド登場

  • 全英オープン優勝、ミケルソンのクラブ戦略は大成功

  • ベリーパターは本当にいいのか?

  • ミケルソンがブリヂストン招待で短めのドライバー使用