1. マキロイ、(グルーブ)ルール変更の再考を希望

マキロイ、(グルーブ)ルール変更の再考を希望

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 110 Views

 
USGAとR&Aは今年1月から、ラフからのスピン量を減らし、グリーンでの過度なスピンを抑える目的で、新しいグルーブに関するルールをツアー競技に適用している。
 
ところがフィル・ミケルソンは、20年以上前に造られたピンEye 2(U溝)のウェッジが使用禁止の対象になっていないことを知り、このルールの逃げ道として使っており、同僚プレーヤーのスコット・キャメロンからその行為を”ごまかし”だと非難されていた。
 
新しい規則はアイアンフェースのグルーブ(溝)の容積を小さくすると同時に、角を緩やかにするというものだが、ピン社の1990年4月1日以前に造られたEye 2ウェッジは、1990年、ピンがUSGAに角溝訴訟で勝訴した際に、和解の条件として競技使用が認められていたもの。
 
ローリー・マキロイ(20)は、今週(2/5日)から前年優勝したデザート・クラシックに出場予定だが、彼自身はクラブの設計をいじり回すより、他の方法でゴルフをより難しくする方法を望んでおり「彼等(競技組織)は全てのプロの試合とアマチュアのゲームをより近づけようと試みているように思う」と話している。
 
マキロイはプロのトーナメントにおけるスコアメイキングをより難しくすることは、ギャラリーに対する魅力が幾分失われることになると認識しており、「テレビをつけトーナメントを見ているとき、(プロ達が)パーを取るために常に苦しんでいる姿は見たくない。みんなはバーディーを取るのが見たいのだと思う」と話している。(ニューヨークタイムズ 2/2日)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • Bridgestone Golf 2018 春夏 – ブリヂストンゴルフ Webカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

    • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

    • 【今月のプレゼント】2018年3月11日(日)締切

    関連記事

    • ゴルフルール改訂、新ルール案への反応は良好

    • タイガー、マキロイのマスターズ舞台衣装に注目

    • マキロイの新クラブ、BMW-PGA選手権優勝に貢献

    • R&AとUSGA、来年からのルール裁定修正を共同発表

    • ウッズとマキロイが中国で対決

    • マキロイが加わり勢いを増すナイキゴルフ