1. PGAツアー、アジアへの進出を模索

PGAツアー、アジアへの進出を模索

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 70 Views

 
両ツアーは地域によって優位性が異なっており、それぞれに現在、経済成長とゴルフ普及が盛んだ。アジアの可能性は同様にヨーロッパツアーの興味も引いており、同ツアーも大陸を越えてアジアツアーとのトーナメント共催を積極的に進めてきている。
 
PGAツアーの同様な拡大の可能性で、様々なツアーのリーダー達はフィンチェム氏の意図説明を求めている。アジアンツアーの会長、Kyi Hla Han氏は、今週全英オープン期間にセントアンドリュースで開催されるPGAツアー国際連盟の間に、この件についてフィンチェム氏と話し合うと語っている。同様に、ワンアジアツアーのトップ、ベン・セレンジャー氏もスコットランドでフィンチェム氏との会談を望んでいる。
 
今月(7月)始め、フィンチェム氏はAP通信に対して「我々(ツアー)は、日本、韓国、中国での可能性を模索している。自分は(まだ)そうするとは言っていないが、この先2、3年の秋にそれらの地域でショートシリーズを行う可能性はある。もしアジアに於けるPGAツアーの存在について真剣に考えるとしたら、それは多分ショートシリーズに対する議論になるだろう」と語っていた。
 
PGAツアーは既に昨年11月、非公式賞金イベントではあるが、WGC HSBC選手権を開催、中国に足跡を残しており、またこの10月にはアジアンツアーとの共催により、マレーシアで非公式、限定出場者による第一回CIMBアジアパシフィッククラシックの開催も行うことになっている。(ゴルフウィーク 7/12)
 
アジアに新しいツアーの枠組みが出来るとき、日本ツアーがどのように組み込まれていくかが問題だ。当然、この動きにJGTOも参加して協議していることと思うが、今後の展開が注目される。
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • PGA・オブ・アメリカとトップゴルフがゴルフ振興で提携

    • 米国PGAツアースーパーストアが新店を拡大

    • PGA、アンカーリング禁止の特別猶予期間を申請

    • 世界ツアーは一つに、クーチャーが予想

    • PGAツアー、2014年から中国で新ツアーの発足を発表

    • 米議会、プロスポーツイベント税金免除を再考、PGAツアーにも影響?