1. タイガー・ウッズ、PGAツアー今期未勝利が決定

タイガー・ウッズ、PGAツアー今期未勝利が決定

プロ・トーナメント関連
この記事は約 3 分で読めます。 76 Views

 
ウッズは来週は、昨年優勝したメルボルンのオーストラリアマスターズに出場することになっている。また12月の第一週には自らがホストを務めるシェブロン・ワールドチャレンジに出場する予定で、この試合は世界ランキングのポイントには加算されることになっている。
 
しかしながらPGAツアーのシーズン日程はHSBC選手権で全て終了している。ちなみにHSBC選手権は、もしPGAツアーのメンバーが勝った場合は、PGAツアーの公式勝利数に入れられるWGC選手権と見なされていた。
 
ウッズは1996年にプロ転向して以来毎年、14シーズンにわたってPGAツアーイベントに勝利を上げてきたが、それが今年止まったことでPGAツアーの記録であるアーノルド・パーマー及びジャック・ニクラウスにより樹立されていた17年連続勝利にも追いつけなくなってしまった。
 
今年、公私ともに苦境に陥ってしまったウッズは、それまでコーチを務めてきたハンク・ヘイニーとも復帰後別れ、新しいスイングコーチにショーン・フォーレイの採用を進めてきた。
ウッズの話では、彼が1998年にブッチ・ハーモンついてスイングを変えたとき、2004年にハンク・ヘイニーについたときよりも早く(スイングが)進歩しているというが、HSBCの初日、二日、一緒に回ったアーニー・エルスに言わせると「ウッズには現在少し自信が不足しているようだが、いずれ治るだろう」とのことだった。その自信について尋ねられたウッズは「かなり良好だ。ウォームアップではかなり良好だったが、コースに出るといい感じではなかった。時々古いスイングに戻っているようで、現在その中間にあるというのが問題のようだ」と自己分析を行っていた。
 
今年のウッズの成績は、過去14年間の数字を考えると、その苦しみを表しており、トップ10に入ったのはマスターズと全米オープンの4位タイの二回だけ。ツアー選手権ではこれまで初めての予選落ちをしている。
 
ウッズがトップから3打差で4位になった全米オープン(ペブルビーチ)以来、トップに8打差以内で最終日を迎えたことはなく、今回のHSBC(上海)でも同様だった。
この状態にウッズは「自分はいいショットを打ちたいし、ポジティブになりたい。そして基本的には元のようになりたい」と話している。(ゴルフウィーク 11/6)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

    • タイガー・ウッズ、飛ばないゴルフボール提案への反応

    • 待望のタイガー復帰戦!ヒーロー・ワールド・チャレンジ

    • タイガー・ウッズとの契約には選手以上の意味がある。ブリヂストンゴルフ(米)

    • タイガー・ウッズと宮里藍

    • タイガー・ウッズとジャスティン・ティンバーレイクが協力してジュニアツアーを購入