1. 全英に向けてロイヤルセントジョージスを改造

全英に向けてロイヤルセントジョージスを改造

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 222 Views

 
3番ホールのパー3はこれまでより30ヤード伸ばされ240ヤードとなり、ロングホールの7番は532ヤードから564ヤードに、9番は388ヤードから412ヤードに伸ばされている。インの9ホールでの主要な改造は、15番ホールのパー4が475ヤードから496ヤードに伸ばされていることだ。
 
8年前の全英オープンでは、米国プレーヤーのベン・カーティスがこのコースを一人だけ1アンダーパーで回って優勝している。古くは1993年、グレッグ・ノーマンが13アンダー267の全英オープン記録で優勝している。
 
その他の改造は、1番ホールのフェアウェイ幅を12ヤード拡げたこと。2003年、タイガー・ウッズはこのホールでティーショットをロストボールにし、トリプルボギーの7を叩いている。当時、2003年の1番ホールにおけるティーショットフェアウェイキープは30%にも満たなかったとのことだ。
 
R&AのCEO、ピータ・ドーソン氏は、「(この改造は)タイガーのロストボールが影響したわけではなく、全体の(フェアウェイキープ率)統計が27~28%だった」と話している。(ゴルフダイジェスト 4/19)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • グローブライド、役員人事に関するお知らせ

関連記事

  • RBS、全英オープンスポンサーを撤退

  • 全英オープンで大活躍のピン

  • 全英OP占有率56・4%の快挙