1. ウッズ、ロレックスと二年契約

ウッズ、ロレックスと二年契約

プロ・トーナメント関連
この記事は約 3 分で読めます。 70 Views

 
ウッズを取り巻く諸問題や彼のツアーでの成績が取り沙汰され、企業の看板としての効果が疑問視される中、ロレックスが初めての契約をした大企業になるわけだ。
 
>>【関連記事】ロレックスがアジアンツアーと公式時計メーカー契約(2011年05月06日09時10分)
 
ウッズが競技に戻ったPGAツアーのフォールシリーズ、フライズドットコムオープンの会場で、彼の代理人マーク・スタインバーグ氏は、この契約が”二つほどあるエンドースメント関連契約発表”の最初の一つだと話しており、ウッズのゴルフバッグに関する契約はこの一月半ほどで発表できるだろうと話している。ちなみにウッズが出場しているフライズドットコムオープンのスポンサー、フライズエレクトロニック社も、ウッズと交渉していることが伝えられている。
 
ロレックスとの関係について、スタインバーグ氏は「このことは大きなメッセージになる。自分はこのことが、大衆がタイガー・ウッズと共にあることを示していると思う」と話している。
 
かつてのウッズのエンドースメント契約は、アクセンチュア、AT&T、ゲータレイドその他の大企業を含み、年間約1億ドルの収入があったが、ウッズのセックススキャンダル以後、そのほとんどが去り、ナイキとEAスポーツだけが注目される例外として契約を続けていた。
 
ウッズの広告価値は過去の物とは比較出来なくなったが、そのイメージは依然「成功や卓越」と結びついているとスポーツビジネスの専門家は話している。そしてもし彼が再び勝ち始めればそれらのイメージが増幅されることが予想されることから、それがロレックスの期待であることは明らかだ。
 
ロレックス社のゴルフとの関係の歴史は古く、さかのぼれば1960年代のアーノルド・パーマー、ジャック・ニクラス、ゲーリー・プレーヤーのビッグスリーから始まり、現在はフィル・ミケルソン、ルーク・ドナルド、アダム・スコット等を含むトッププレーヤーと安定した契約を維持している。
 
契約発表文の中でロレックス社は「当社は、タイガー・ウッズが依然今後も長い将来性を持っており、ゴルフの歴史をつくり続けていく高質な力を有していると信じている。我がブランド(ロレックス)は、彼の新しい挑戦を増幅していくことに賭けている」と記している。(ゴルフウィーク 10/5)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

    • タイガー・ウッズ、飛ばないゴルフボール提案への反応

    • 待望のタイガー復帰戦!ヒーロー・ワールド・チャレンジ

    • タイガー・ウッズとの契約には選手以上の意味がある。ブリヂストンゴルフ(米)

    • タイガー・ウッズと宮里藍

    • タイガー・ウッズとジャスティン・ティンバーレイクが協力してジュニアツアーを購入