1. HSBCの世界スポンサー首脳、R&Aの性差別問題に懸念

HSBCの世界スポンサー首脳、R&Aの性差別問題に懸念

USGA・R&A関連
この記事は約 2 分で読めます。 184 Views

これに関して、全英オープン最大の支援者の一つであるHSBC社モーガン氏は「これは当社が直ちにそれに対して対応するということではないが、R&Aが当社にとって非常に不安定な立場であるということは明らかだ」と話し「当社としてはこれの解決を望みたい。そうすればこの事について話すことは無くなる。もし世界最大のトーナメントに、差別をないことであれば、より受け入れやすいものになるだろう。そして自分は事態は動きつつあると思う。彼等(R&A)は、この3、4ヶ月にわたって、多くのスポンサーや関係者に尋ねることで、多大な調査を行っている。実際に彼等は事が変化し動く必要があることに確かに気が付いている。思うに彼等は、反対する少数派の意見よりは、解決するための適切な助言と時間を費やしているのだ」と付け加えている。

この全英オープンの将来に明らかに影響するだろう主要スポンサー、HSBCモーガン氏からの強い示唆に対して、R&Aが対応することは自然の成り行きで、R&Aは広報を通じて「当協会は去年の全英オープン直後、検討期間を約束した。当然我々は調査を開始しており、その結果も報告するつもりだ」とコメントしている。

もしこのモーガン氏の意見をR&Aが受け入れることになるとすれば、米国、メキシコ以外で最初に選ばれる女性メンバーは、2016年、次回、男性専門メンバークラブ、ロイヤルトゥルーンで行われる全英オープン開催前になるだろうと推測されている。つまりはR&Aも金の力には弱く、聞き入れることになりそうだ。(ゴルフワールド 1/18)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • R&AとUSGA、2017年度ディスタンスレポートを発表

  • USGAマイク・デイビス氏 飛距離問題に言及 「飛距離増がゴルフにいいとは思わない」

  • USGA CEOマイク・デイビス氏がゴルフボールの飛距離増大の影響について語る

  • ゴルフルール改訂、新ルール案への反応は良好

  • R&Aが今年の全英オープン開催コースで、アマチュアの9ホール選手権を開催

  • R&Aが2017年全英オープンの賞金額を発表