1. それをゴルフとは呼べないのか?

それをゴルフとは呼べないのか?

USGA・R&A関連
この記事は約 3 分で読めます。 112 Views

(ちなみにこの新しい形のゴルフ振興を目指したゴルフは、先のPGAショーでテーラーメイドから提案されていた。)

オトゥール会長は「そのような形は米国プロバスケットボール、NBAでもあったと思う。バスケットボール界は、競技を振興しするために、町中に子供がバスケットを”the city game(町中で楽しむ遊び)”として楽しめるように、街中にバスケットボールゴールリングを設置した。でもこれはバスケットゴールとは呼ばれず、スリーオンスリーやストリートバスケットボールなど、本物のバスケットボールとは区別し、別の呼び名が与えられていた。
しかし、我々(ゴルフ)の場合は違う。我々はこのゲームを人生のスポーツとして育てたいので参加して欲しい。勿論、みんなが我々と同じ一員になるためには、自分を証明しなければならないだろう。本当のゴルフは多分ルールによって定められたコースやグリーンでプレーし、ラウンドに150ドルほど払うことになり、5時間かけて120叩くことにもなる。しかしそれを嘆くことはない。それで本当のゴルファーになるのだから」という。

ルール不適合活動はUSGAにとって全く問題ないと同会長は話し、そのような活動も歓迎されるという。しかし自分が意味しているのは、他のスポーツも同様なことをしているかということ。他のスポーツもそのようなスポーツを推奨しながら、本当のスポーツをプレーするようになったら標準を定めている。

自分が言いたいのは、もし、パターゴルフをするなら、それをゴルフと呼ぶだろう。もしひとホールで3個づつのボールを打ち練習してもゴルフ、ピッチとパットだけのコースでもそれはゴルフだし、カートに乗ってもゴルフだし、6本でプレーしても20本でプレーしてもゴルフ、ホールが大きすぎてもゴルフ。クロスカントリーのように雪の中でやってもゴルフ、練習場で球を打つだけでもゴルフ、ゴルフ、ゴルフだ。もし自分の子供と庭にスープの缶を埋めてゴルフをやりスープ缶オープンで競技をしてもゴルフ、ゴルフ、ゴルフだ。

これらは自分のスポーツだ。もしそれを、又はそれに近いものをやるのならゴルフは歓迎だ。ゴルフは君を求めている。(ゴルフダイジェスト 2/8)

このゴルフ産業危機の時期に会長に就任したオトゥール会長、過去の伝統や格式とは考えを別にして、ゴルファーを誘う方策として選択肢を拡げて対応していく考えのようだ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 今や9ホールの時代?米国PLAY9プログラム

    • ゴルフルール簡素化でゴルフ振興 – USGA

    • 飛距離増の時代は終わったか? R&AとUSGAが統計を発表

    • USGA、ゴルフ界問題解決のためミネソタ大と共同調査に着手

    • “ゴルフは金持ちのもの” ドナルド・トランプ

    • USGAのゴルフ愛