1. 今や9ホールの時代?米国PLAY9プログラム

今や9ホールの時代?米国PLAY9プログラム

USGA・R&A関連
この記事は約 2 分で読めます。 2,579 Views

地域におけるゴルフを更に普及させることを目的に、USGAは”プレー9(PLAY9)”プログラムを展開し支援している。2014年に発足したこの”PLAY9(プレー9)”は、現代の忙しいライフスタイルの中で、またゴルフ普及への問題点に対する単純な解決方法として、9ホールラウンドの重要性を提唱、教育活動を行ってきている。

2017年、USGAは全米を通して各州、地域のゴルフ協会及びコースと緊密な連携を図り、この5月から10月までの間に行う”PLAY9デー”の主催及び促進を行っている。
ワシントン州ゴルフ協会のCEO、トロイ・アンドリュー会長は「私の様な者にとっても、PLAY9は自分の家内や子供達を簡単にゴルフコースに連れ出し楽しむためにはとても良い機会だ。時間がないからゴルフが出来ないと言われないようなこのプログラムにUSGAが肩入れしてくれることは素晴らしいことだ」とコメントしている。

このプログラムに対する支援の一環として、USGAはPLAY9内容全体の中心に、専用のウェブサイト(usga.org/play9)を置き活用をする予定だ。このサイトは、全米の9ホール施設や18ホールでも9ホールプレーの選択肢を持つ施設を検索できるのが特徴になっている。

USGAのエグゼクティブディレクター/CEOのマイク・デイビス氏は「USGAはPLAY9を支援することに誇りを持っており、新規参入者から一時撤退ゴルファーに至る誰もがゴルフプレーを始めることを勧誘したい」とコメントし「我々は9ホールゴルフへの参加者が増えるのを期待しており、引き続きこのプログラムにより忙しくてゴルフが出来ない人がプレー出来るようになることに専念したい」と話している。(GolfBiz.net WSG Daily Polse 5/10)

国内でも現在9ホールのプロアマ競技がマーク金井氏の提唱(MMT9)により普及し始めているが、より一層のゴルフ人口拡大のためには、JGAやPGA主導により、一般アマチュア、草の根レベルのゴルファーに対する全国展開が必要ではないのだろうか。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 飛距離問題、ゴルフ界全体の意見を収集

  • 米国ゴルフ関連産業の明るいニュース

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • ゴルフボール飛距離制限論議

関連記事

  • USGA、ゴルフ振興のため9ホールゴルフ(PLAY9)を更に促進

  • R&Aが今年の全英オープン開催コースで、アマチュアの9ホール選手権を開催

  • ゴルフルール簡素化でゴルフ振興 – USGA

  • 飛距離増の時代は終わったか? R&AとUSGAが統計を発表

  • USGA、ゴルフ界問題解決のためミネソタ大と共同調査に着手

  • 7月29日は9ホールプレーの日