1. トップゴルファー、オリンピック参加を最終支援

トップゴルファー、オリンピック参加を最終支援

USGA・R&A関連
この記事は約 2 分で読めます。 181 Views

 
この4人は、ゴルフオリンピック参加を主導してきたIGFオリンピック委員会のトップ、タイ・ボトウ氏及びR&A会長でIGF役員のピーター・ドーソン氏と共に、IOC会議に参加する。
 
ゴルフ及び7人制ラグビーは、既にIOC役員会において2016年オリンピックに追加される競技種目として推薦されているが、10/9日、IOC委員がその両競技をオリンピック種目として承認するか否かの最終決定を行う前に、最終プレゼンテーションが行われるもの。
 
>>【関連記事】トッププレーヤーがゴルフのオリンピック参加入札を支援 
 
ボトウ氏は「これまでゴルフとしてIOC役員会の評価過程を通じてデモンストレーションを続けてきたが、その間、世界中のアマチュア、プロ双方のゴルフ界及びトッププレーヤーから圧倒的な支持を受けてきた。今、我々はIOC委員の前でこの支持を再確認しなければならない。この最終プレゼンテーションを、パドレイグ、スーザン、マテオ、ミシェール4人のプレーヤーが支援してくれることにこれ以上の喜びはない」と話している。なおIOC委員は10/2日、既に2016年オリンピックの開催都市としてリオデジャネイロを選出している。(R&Aニュース 10/5)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 2020年東京オリンピック、ゴルフの競技形式はリオ五輪と同じく個人戦の見通し

  • 2024年の夏季オリンピックも引き続きゴルフが正式種目に

  • リオオリンピックのゴルフコースが苦境に・・・

  • オリンピック復帰は成功とIGFドーソン会長

  • 112年振りのオリンピックゴルフが高視聴率獲得

  • 国際ゴルフ連盟(IGF)がオリンピックゴルフ競技形式変更を検討