1. グルーブ新ルール、一般ゴルファーへの影響は?

グルーブ新ルール、一般ゴルファーへの影響は?

USGA・R&A関連
この記事は約 4 分で読めます。 164 Views

 
フランク・トーマス氏:先ずこのルール変更がなされた経緯を説明すると、USGAとR&Aは、ドライバーの正確性と成績の関係を示す「PGAツアートッププレーヤーのフェアウェイキープ率」を比較した統計的分析を基準にして、このルール導入を決定している。
例えば、過去の同ツアー賞金ランキングトップ10プレーヤーの、平均フェアウェイキープ率ランキング順位の推移を上げると:1980年~1989年=48.3位、1990年~2002年=77.5位、2003年~2006年=120.4位となっている。
 
ゴルフ協会(USGA、R&A)がこのデータにより出した結論は、ラフがトッププレーヤー(例えばPGAプレーヤー)にとって、ペナルティの役割を十分果たしていないということに基づくものだった。この考えられる問題点を修正する試みとして、USGAはアイアンフェースのグルーブ容積を現在の半分にし、ロフト25度以下のクラブについては、グルーブの角の鋭さを減らすことを決定したのだ。このことは浅いラフでかけることが出来たスピン量を減らすことになる。つまり(クラブの)性能は、1942年に制定された古い”Vグルーブ”と同等になるだろう。
 
このことはゴルフの歴史に取って初めて、トップゴルファーのフェアウェイキープ率を重視することを意図して、クラブの性能を後戻りさせることになるわけだ。私(フランク)は、このグルーブ仕様変更がその目的を達成出来るかどうか判らない。仮に賞金ランキングトップ10のプレーヤーにフェアウェイキープ率を上げることに努力していない人がいるとしても、それは非常にわずかだろう。
 
このルール変更は、当初、2010年1月1日より全てのUSGAオープン選手権、PGAツアー、LPGAツアー、それと同等のプロ競技などの競技条件として採用される予定だ。
次いで2014年1月1日からは全てのアマチュア選手権の競技条件に、そして残り全てのゴルファーには2024年1月1日からゴルフールールとして適用されることになっている。

>>【関連記事】グルーブ新規則に対するタイガー・ウッズ意見
 
もし貴方が2010年の全米オープン、全英オープン、全米シニアオープン、全米女子オープン出場を目指しているのなら、貴方はドライバーとパターを除いて、新しいクラブセットを購入する必要があるわけだ。しかしながら、私は貴方が新しいアイアンセット(セット1,200ドル程度)を買うのなら、2010年の競技条件では適用されていない(第一次)地域予選を通過してからにすることを勧めたい。もしそこを通過したら次の段階(地区予選)の段階では新しいセットを買う必要が出てくる。
 
この新しいセットは、現在より50%小さく、そしてロフト25度以上のクラブには丸まった角(直径0.010と0.020の間)の新グルーブを有する事が求められている。(ロフト25度以下のクラブは容積だけで、角の鋭さは問題にされていない。)これは混乱する話ではないか?
 
この混乱を避けるために、2011年1月1日以降クラブメーカーは、(現在の)ハイスピンの箱形グルーブの製造販売が中止し、新しいグルーブのクラブ製造、販売を義務づけられている。
 
ところでこの変更がアベレージゴルファーにどのような影響を与えるだろうか?答はどのようなタイプのボール(柔らかいカバーのボールは硬いカバーよりスピンがかかる)を使うか、フェアウェイや浅いラフからのスピンをかける技術があるか、そして新しいクラブを買う予算があるかによるだろう。
 
多くの人にとって、ウェッジでボールにバックスピンは、時々かかるものだ。この時々起きる素晴らしさは、新しいグルーブでは二度と浅いラフからでは体験出来ないだろう。
もう一つ影響が出ることは、ゴルフルールを守ろうとするなら、結局新しいクラブセットを買わなければならなくなると言うことだ。中古品は、2024年のデッドラインが近づくまでにUSGAがその決定を変えない限り、いずれは屋根裏行き(お払い箱)になってしまう。
 
このゴルフ破壊につながる重大さに対して、我々はただトッププレーヤーがよりフェアウェイキープ率を上げてくれることを望む他なく、賞金ランキングとフェアウェイキープ率が正しく相関してくれるのを待つしかない。それはこの一、二年でトッププレーヤーの成績が証明してくれるだろう。2010年末までに何が起きるかを見守りたい。
 
グルーブ規則変更に関する詳細はフランクリーゴルフウェブサイト(http://www.franklygolf.com/grooves_updates.html)参照。フランク(franklygolf.com QA 10/21)
新グルーブルール適用に疑問を抱く多くのアマチュアゴルファーの参考までに・・・。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • ゴルフルール改訂、新ルール案への反応は良好

  • R&AとUSGA、来年からのルール裁定修正を共同発表

  • ロングパターはルール適合にすべきか?

  • ルール改訂で世界のゴルファーが一つに

  • ゴルフボール公認テスト方法を見直し?

  • フランク・トーマス、ゴルフ用具ルールに関する本を出版