1. USGA、グルーブテストの要望は少ないと認識

USGA、グルーブテストの要望は少ないと認識

USGA・R&A関連
この記事は約 2 分で読めます。 46 Views

 
USGAシニアテクニカルディレクターのディック・ラギー氏は、このテスト不足を二つの理由で説明している。
 
第一に、USGAはプロイベントにおけるテストを2009年始めにスタートしており、最初に行ったバークレーのイベントでは、多くのプレーヤーがテストを受けたこと。
第二に、クラブメーカーの全てがポータブルテスト器を持っており、自社契約プロのクラブを事前にテストしたことにあるというのだ。
 
ラギー氏は、グルーブテストに関する全ての問題が、反発係数(SLE)問題の時と同様に、間もなく消えてしまうだろうと予測している。
 
2004年、USGAがドライバーの反発係数を計測する新ルールを採用した後、ツアーはポータブルのSLEテスト装置を全ツアーに配備し、適合性を確認していた。ちなみに、その年、タイガー・ウッズは、シーズン初戦のメルセデスで、自己のドライバーのテストを受けた最初のプレーヤーだった。しかし、すぐにその装置はあまり使われなくなっている。
 
ラギー氏は「それは集塵機みたいなものになった。一月に一度(の実施)になり、そして4ヶ月に一度になり、一年に一度になって、最後にはツアーはこれを(会場へは)持ってこないと言いだした。いまや一台も持っていない。自分は(グルーブテスト)はどうなるのだろうかといぶかっている」と話している。(ゴルフウィーク 1/18)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【今月のプレゼント】2018年1月10日(水)締切(リョーマゴルフ 上手くなるカップ)

  • ミズノ、組織一部変更と人事異動のお知らせ

  • COM2US(カムツス)、事務所移転のお知らせ

  • 住友ゴム工業との合併に伴う組織改正について

関連記事

  • 今や9ホールの時代?米国PLAY9プログラム

  • ゴルフルール簡素化でゴルフ振興 – USGA

  • 飛距離増の時代は終わったか? R&AとUSGAが統計を発表

  • USGA、ゴルフ界問題解決のためミネソタ大と共同調査に着手

  • “ゴルフは金持ちのもの” ドナルド・トランプ

  • USGAのゴルフ愛