1. R&A、2012年全英オープン会場への携帯電話持ち込みを許可

R&A、2012年全英オープン会場への携帯電話持ち込みを許可

USGA・R&A関連
この記事は約 3 分で読めます。 208 Views

 
通話は定められた区域からのみ許可され、トーナメント期間の写真撮影及びビデオ撮影は禁止される。
 
R&AのCEO、ピーター・ドーソン氏は「(ギャラリーが)情報を集めたり家族や友人と連絡を取ることについての携帯電話使用については否定はしない。我々としてはこの事が全英オープンの観戦をより豊かにするものだと理解している。同時にこの方針変更に対する懸念も理解するが、我々はテント村周辺や飲食場所での観客に許可することになり、この変更によってプレーに影響を与えない厳しい使用場所のルールが定められることになる。それに観客は知識が豊富でゴルフを良く理解しているので、彼等がプレーヤーを尊重することには自信がある」と説明している。
 
全英オープンのギャラリーがスマートフォンを使う近代化時代に入ったことで、R&Aは若者市場へ全英オープンが浸透することを願っており、ドーソン氏は「我々は観客に、全英オープンの詳細やプレーのビデオ鑑賞が可能なアイフォン、アイパッド、アンドロイドなどのアプリの提供も行っている。観客はゲームのスコア、ティーオフの時間、その他のニュースや、コースガイドを含む全英オープンの情報を常にゲットすることが出来る」と付け加えている。
 
ちなみに、今年の全英オープン(ロイヤルリザム&セントアンズ)では、前回同コースでデビッド・デュバルが優勝した2001年からかなりのコース改造が行われており、1番、9番、12番、15番が改造され合計で200ヤード近く全長が伸び、7番グリーンも全面改造されている。従って、現在同リンクスの全長は7,086ヤードとなっている。(11年前は6.905ヤードだった。)
 
なお6番の492ヤードは今年はパー4に格下げされたため、今年の全英オープンではパー70でプレーされることになる。10番ホールは11年前より52ヤード伸ばされ、7番も35ヤード伸びている。11番ホールは592ヤードとなり前回より56ヤード伸ばされている。前回から変更されなかったのは4番のパー4と12番のパー3だけという全面改造が行われている。
ドーソン氏によれば、今回の改造による延長がこのコースの限界に近づいていることを認めているそうだ。(PGA.com 4/23)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 今年の全英オープンの来場者は23万人超え!記録的大成功に終わる

  • R&Aが今年の全英オープン開催コースで、アマチュアの9ホール選手権を開催

  • R&Aが2017年全英オープンの賞金額を発表

  • 全英オープンのオフィシャルウェアがBOSSに

  • ミュアフィールド、女性会員を容認。全英オープン開催コースに復帰

  • R&Aが横浜カントリークラブで国内初のセミナーを開催