• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 飛びに方向性をプラスした「インプレスUD+2」2021モデル

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする
    ヤマハは10月16日、プラス2番手テクノロジーで好評の『インプレス UD +2』の2021年モデルをフルラインアップで投入。また、レディスモデル専用設計の『inpres UD+2 LADIES(インプレス・ユーディープラスツー・レディース)』も10月23日順次発売する。 今回のモデルは、飛距離を求めるアベレージゴルファーに向けて、明らかに体感できる飛びに加えて、同重量帯クラブ最高クラスの重心角と慣性モーメントによる“超まっすぐ”を実現した『インプレス UD+2』シリーズの第3世代となる。コンセプトは“今日イチが、連発する”――。 ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティでは、フェースの剛性を高めてエネルギーロスを防ぎ、ボール初速を上げる新テクノロジー「スピードボックス」を搭載。アイアンは、フェースとソールの薄肉化による初速アップと、フェース裏面に5本のリブを配置することで高打出しを実現する「スピードリブフェース」を新搭載し、“ぶっ飛び”と“高弾道”を可能にしたとか。さらに、 レディス用ではウェッジサイズを大きくし、 ラウンドをきかせたストレートネックを採用したことで、 よりボールを拾いやすい形状にするなど、その完成度は前作を大きく凌ぐとヤマハでは自信を見せる。 動画では、ヤマハゴルフHS事業推進部の佐藤貴博氏にインタビューを敢行。2021年モデル「インプレスUD+2」の製品特長を聞いた。前作との違いは? ■inpres UD+2
    inpres UD+2/ドライバー #1/80,000円+税 inpres UD+2/フェアウェイウッド #3/52,000円+税 inpres UD+2/フェアウェイウッド #5、 #7、 #9/各46,000円+税 inpres UD+2/ユーティリティ #U4、 #U5、 #U6/各38,000円+税 inpres UD+2/アイアン #7、 #8、 #9、 PW/96,000円+税(4本セット) inpres UD+2/アイアン #5、 #6、 AW、 AS、 SW/各24,000円+税 ■レディス inpres UD+2 LADIES/ドライバー #1/80,000円+税 inpres UD+2 LADIES/フェアウェイウッド #4、 #5、 #7/各46,000円+税 inpres UD+2 LADIES/ユーティリティ #U4、 #U5、 #U6、 #U7/各36,000円+税 inpres UD+2 LADIES/アイアン #7、 #8、 #9、 PW、 SW/120,000円+税(5本セット) inpres UD+2 LADIES/アイアン #6、 AW/各24,000円+税
    この著者の記事
    HSが上がる、地面反力が使える『ペインター』シューズ、神谷幸宏が「スイングカタリスト」で徹底検証
    2024年06月14日
    この著者の記事
    VitastileGolfが導入を決めたボールマーキング不要の高精度シミュレーター『EYE XO2』 を徹底検証
    2024年06月13日
    この著者の記事
    動きに合わせて色の変化をするトランスフォームバイザーが登場
    2024年06月13日
    この著者の記事
    ヘッドスピードが上がる話題の軽量シャフト、FSP『MX-V BRN』を永井延宏プロが打ってみると
    2024年06月11日
    この著者の記事
    テーラーメイド セレクトフィットストア プラス限定商品が発売
    2024年06月09日
    → もっと見る
    タグ
    ヤマハ