1. 注目記事
  2. ギア評価

ブリヂストンスポーツ BRIDGESTONE GOLF J815 DRIVER

ギア評価 編集部
check point

  • ■球がつかまる
  • ■スピン量が安定する
  • ■幅広いゴルファーにミート

永井延宏プロの試打インプレッション

インパクトの厚みがあって、打感のいいへッドですね。何より振っていて気持ちいいですし、球のつかまりも◎。昨年投入した『J715』は操作性を重視したモデルで、今回の『J815』は重心位置をやや深めに設定。ズバリ、クラブの性能を活かしてオートマチックに振りぬきたいゴルファー向けといえそう。基本的につかまり系のヘッドですが、ネック部にカチャカチャ機能を搭載しているので、ノーマルポジションで球がつかまり過ぎる、あるいはスライスする人はここで微調整するといいでしょう。初速も良く出ていますし、ヘッド性能が際立っている。完成度は非常に高いと感じました。

堀内映伸の Buyer”s EYE

ものすごく球がつかまりますね。スイートエリアも広く、ミート率の悪い私が打ってもバックスピン量が安定していて、ハードヒットしても飛距離、方向のバラツキが少ない印象を受けました。クラウン部に施されたデザインは一見斬新なイメージですが、慣れてくると同じ方向へ引きやすいと感じました。ヘッドのポテンシャルが高いので、販売員の方はロフト角やシャフトとのマッチングで選んであげてください。今回の試打で店頭売上1位の理由を垣間見ました。

商品詳細

ブリヂストンスポーツが先ごろ投入した『BRIDGESTONEGOLF J815』ドライバーが早くも店頭売上1位奪取の好スタートを切った(矢野経済研究所調べ)。ドライバーの特長は、真っ赤なクラウンボディに搭載した同社独自のテクノロジー「POWER SLIT」とソール部の新構造「POWERRIB」に集約されるだろう。これにより高打出しと、『J715』シリーズで培った「POWER MILLING」による低スピン効果により、かつてない爆発的な飛びを追求したとか。ヘッド体積は460?で安心感のある投影形状を採用。ヒール側へボリュームを持たせて球をつかまりやすくし、かつ、シャローバックにしながらクラウン部を膨らませることでシャローに見えない工夫が施されている。シャフトは米PGAツアーで話題の「KURO KAGE」をカスタムでいち早く採用。特注でブラック仕様ヘッドにも対応する。
■価格:1本6万8000円~

商品のお問い合わせ

ブリヂストンスポーツ

TEL:0120-116613
http://www.bs-golf.com

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • KBS初のウッド用カーボンシャフト『KBS TD』登場!その評価は?

  • 『MEGEM(ミゲム)』MIRAIが放つ低スピンヘッド!蒼い宝石を徹底検証

  • エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」

  • 最速粘り系シャフトArch 『CA-01』『CA-01P』を徹底検証

  • ラウンド後のボディケアに 『シリアス 近赤外線温熱LED』を試してみた

  • 『VATIC』ドライバー試打 ヘッド一つで理想の弾道を出せるのか? 徹底解説