1. 注目記事
  2. ギア評価

日幸物産 VIVAL U

ギア評価 編集部
check point

  • ■アイアンのスイングでOK
  • ■ハンドファーストでロフト増→飛距離
  • ■驚きのコストパフォーマンス

永井延宏プロの試打インプレッション

市場のUTは形状が多岐にわたり、モデル毎のスイングを要求される場合が多いですが、『VIVAL U』に関しては、形状がアイアンライクで、アイアンのスイングで十分対応できます。ゴルファーにスイングのバリエーションを求めないという意味では、ロングアイアンからの移行に最適なUTです。グースネックが程よい捉まりを提供し、フェースの厚みがマレージングフェースながらアイアンのような厚いインパクトを迎えられます。ソールのヌケもスムーズ。アイアンライクな形状なので、ハンドファーストに構えたくなり、結果、インパクトロフトが増えることで飛距離も出る。こういうUTなら、ロングアイアンの代わりに大活躍しそうです。

堀内映伸の Buyer”s EYE

アイアンのスイングで打つとボールが程よく潰れて、球が上がる。UTの打ち方が分からないというお客様が店で多い中、アイアンが得意なゴルファーには、グリーンでもボールが止まります。リーディングエッジの丸み、ソール形状もストレスなく抜ける。性能は十分な上に、ヘッド価格1万7000円というのは、コスパが高い。広がりそうですね。

商品詳細

今年1月に発売した『ヴィバルU』が工房で密かなブームを呼んでいる。「はじめてUTを使ってみるゴルファーに使ってもらいたい」(同社)というように、形状はロング~ミドルアイアンからの移行でも違和感の少ないタラコ型を採用し、セットアップのしやすさは、アイアンをイメージさせるデザインを採用。初中級者向けUTヘッドという位置づけであるが、シニア~女性向けの軽めのクラブにも対応可能なよう、シャフトとの相性を考慮し、ヘッド重量は#4で234gと他社平均より軽め。ただしソールのウエイトビスは脱着可能で、ジェルを注入する事で重量調整も可能とのこと。フェースにはマレージングのカップフェース構造を採用し弾き感とスイートエリアに拡大に成功。ボディにはステンレス(17-4)を採用し、ソール厚さを増やすことで低重心設計となっていて、あらゆるライからのボールの拾いやすさを重視。ヘッドスピードの低めのプレーヤーでも捉まった弾道でボールを上げてくれる。もちろん同社らしい「顔」の良さは健在で、中上級プレーヤーでも違和感なくセットアップできるヘッドに仕上がっている。さらに、番手間のヘッド高さを統一し、重心高さも揃っている印象であるため、各番手で弾道高さが揃いやすい。グースネックデザインではあるがトップラインがシャフトから真っ直ぐ伸びている設計であるため、方向性も出しやすく、打ち出しの高さと相まって、ピンを狙ってボールを止めるUTだ。

商品のお問い合わせ

日幸物産

TEL:03-3994-1033
http://www.vival.jp

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ヨネックス。人事異動のお知らせ

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 3段ソールでアマチュアのミスを防ぐ ムジーク『フィフティーズ』ウエッジ

  • パトリック・リードが共同開発 グラインドワークス『PR-202』『MB-101A』

  • 夏のラフから「77」でグリーンを狙う? キャスコ『UFO Speed』を坂本龍楠が徹底試打!

  • 最新GPSウォッチ3機種を山本茉央&くわっきーがコースで比較してみた

  • 熟練ゴルファーに飛距離を与える『XP-03』 ゴルファーの技を引き出す軟鉄鍛造『KP-105』

  • レーザー&GPSのハイブリッド距離計『SL2』で山本茉央がコース攻略