1. 注目記事
  2. ギア評価

三菱ケミカル『TENSEI プロ ホワイト 1Kシリーズ』高初速と飛距離をもたらすシャフト

ギア評価 大矢晃弘
三菱ケミカル『TENSEI Pro White 1Kシリーズ』高初速と飛距離をもたらすシャフト

三菱ケミカルの『TENSEI』から、『TENSEI プロ ホワイト 1K(ワンケー)シリーズ』が発売。

大人気シリーズの新シャフトを永井延宏プロが試打&解説する。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

動画で解説

三菱ケミカル『TENSEI Pro White 1Kシリーズ』

三菱ケミカル『TENSEI Pro White 1Kシリーズ』

その名の通り、ホワイト系を継承するモデルだと思いますが、その中に『TENSEI』らしさが組み込まれています。

特長はバット側の「1Kクロス」です。これまでのゴルフシャフトは炭素繊維の一束あたりのフィラメント数が3000本(3K)だったということですが、それを今回は1000本(1K)にすることができました。

それによって、より緻密で繊細、かつ強靭な作りこみができるようになっています。それをイメージさせるようなデザインが手元側に施されている点も特徴ですね。

それともう一つは、先端にロゴが配置されていますが、「クロスリンクテック」という構造です。レジンと炭素繊維の関係性を見直したとことで、より強度、弾性率、破断伸度を高めることができ、シャフトの性能を引き出しています。

手にしてワッグルしてみるとそれなりの重量感と手元側のしっかり感を感じます。シャフトの節はミッドの少し先でしょうか。

先端部は大型ドライバーの暴れやブレを抑え、しっかりボールを押し込んでくれるエネルギー効率の良さを感じます。早速試打してみたいと思います。

ギアの賢者・ソクラテス永井試打インプレッション

60S試打データ
60S試打データ

まずは60g台のSを打ってみましたが、飛びましたね! 初速66.4、飛距離も282.7ヤード出ました。

スピン量も2186回転と抑えられています。何発か打ちましたが、平均的に275ヤード前後、スピン量も2000回転前後に落ち着きます。

続いて50g台も試打

50X試打データ
50X試打データ

続いて、50g台のXを打ってみました。このスペックは60Sよりも手元側が若干すっきりした分、スピード感が出ます。

何回か打ちましたが、初速が67.3まで出ました。平均的にキャリーが出る印象です。

『TENSEI プロ ホワイト 1Kシリーズ』はどんなシャフトか

『TENSEI プロ ホワイト 1Kシリーズ』

従来の三菱ケミカルのホワイト系は手元のしなりを感じたのですが、今作は手元がヘッドを連れてきてくれる印象です。

それによって体幹でスムーズにヘッドを引っ張ってくる感覚が出しやすいと思います。そして、中間から先端が適度に動いてくれてグッと厚くボールに当たるのですが、これはやはり「クロスリンクテック」の効果で、当たり負けしないヘッドの直進性とエネルギー効率の良さをシャフトが導き出していると思います。スピード感があり初速も出るシャフトですので、しっかり叩いていけると思います。

現代的な大型ヘッドとの相性も非常に良く、重量帯は50g台~80g台まで14スペックをラインアップしていますので、是非様々なゴルファーに試してもらいたいですね。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の注目記事を受け取ろう

三菱ケミカル『TENSEI Pro White 1Kシリーズ』高初速と飛距離をもたらすシャフト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 練習場でもコースでも簡単スイングチェック! コールマン社コラボスタンド

  • 世界ゴルフ選手権公式デザインのキャディバッグを数量限定発売

  • 着弾のばらつきを押さえ、真上からピンを射抜く 〝On Target〟アイアン『OT iron』

  • アコーディア・ゴルフ 『女性のゴルフ振興憲章』 署名 女性ゴルファーへ の取り組みに賛同

関連記事

  • エッジワークス、フェアウェイ専用シャフト2タイプ、硬度10種類を一挙投入

  • やさしさと高弾道にこだわったMYSTERY『C-HT520』フルチタンフェアウェイウッド

  • 飛びで評判の新『TOUR B JGR ボール』初速・打ち出し角・スピン量の3要素がマッチ!

  • ウエイト交換で飛びとつかまり具合が変わる『ソナテック TDⅡ』を試打

  • 驚異のしなりで飛距離アップ『AutoFlex』シャフトを永井プロが徹底検証

  • 人生最高飛距離をもたらす『MAJESTY Royale』ドライバーを試打してみた