1. 注目記事
  2. ギア評価

トゥルーテンパー『スチールファイバー』スチールとカーボンのメリットを併せ持つシャフト

ギア評価 片山三将
トゥルーテンパー『スチールファイバー』スチールとカーボンのメリットを併せ持つシャフト

スチールとカーボンのメリットを併せ持つトゥルーテンパースポーツインクジャパンの『スチールファイバー』をギアに精通するソクラテス永井延宏プロが検証する。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

米国ツアーでの使用率が高い『スチールファイバー』

トゥルーテンパー『スチールファイバー』スチールとカーボンのメリットを併せ持つシャフト

トゥルーテンパースポーツインクジャパンからエアロテックの『スチールファイバー』アイアン用シャフトが5月末に発売されます。このモデルは、USPGA、シニア、LPGAでの使用者も多いモデル。

今回は重量帯の『i125』、『i110』と軽量帯の『i80』と『i70』をテストしました。

実は、『i110』をもう5年くらい使っています。『スチールファイバー』には、独特のフィーリングというのがありまして、打った時のシャフトのつぶれ感、ターフを取った時にシャフトがグシャッとなる感じがとても心地いいんです。また、厚いインパクトが得られるのも特徴です。

i110試打データ
i110試打データ

『i110』を改めてテストしてみましたが、予想以上に飛びますね。手元に重量感があるので切り返しの際にタイミングが取りやすい。そして、ほど良いしなりとつぶれ感もあり、非常に心地よさを感じます。

ボールをコンタクトしてからのシャフトの弾き感、バーンと打って行ける、こしの強さがあるんですけども、『スチールファイバー』という名の通り、カーボンがメイン素材で一番外側にスチールの繊維を巻き付けているのが特徴になっています。

スチールとは違うし、カーボンとも異なる。何ともいえない不思議な感じです。

次に『i125』ですが、『i110』よりも15gほど重さが増したものです。普段は『i110』を使っていますが、夏場で身体がよく動いてきたりするとちょっと『i110』だとクラブが軽いと思うこともありました。だから『i125』を試すのはとても楽しみです。

ちょっと持ってみると確かに剛性感、重さが『i110』とは明らかに変わりますね。手元側の重さがこれだけはっきりと出るということは『i110』とは結果が大きく変わりそうです。

i125試打データ
i125試打データ

『i125』を打ってみましたが、やっぱりちょっと重いですね。私のヘッドスピードよりもう一つ上の人が合いそうな気がします。

でも、テイストは『i110』と同じような感じで、手元側の重量感が増した分タイミングの取りやすさはあります。この重さが使い切れる人だとエネルギー感のあるインパクトが見えてくる。アイアンらしさがよく出せると思います。

また、今回はSシャフトを打ちましたが、例えばRシャフトにしてみるとか、あとは工房的な組み立てでいえば番手ずらしをやってもらうといいのかなという気がします。特に、『i125』だとウエッジに入れるといいかなという気がします。カーボンらしいインパクトした後にスッと衝撃が消える。このフィーリングというのはインパクトの緩みをなくしてくれます。

スピード感があり飛距離も出る軽量タイプ

スチールとカーボンのメリットを併せ持つ

続いて軽量タイプの『i80』を打ってみましたが、全く頼りなさというのはなかったですね。

全体的なバランス感でいうと手元側にしっかり感と重量感があるので数字で感じる重量のイメージよりは振り心地がしっかりあったなという気がします。

i80試打データ
i80試打データ

そして、何より軽くなったことでシャフトのしなり戻りのスピード感が出ます。飛距離が出てインパクト効率の高さも感じました。あとはフェースの方向に真っすぐボールが出ていく感じがある。フェースコントロールが非常にしやすいシャフトですね。

最後に『i70』ですが、このモデルは『スチールファイバー』の中で最も軽いタイプになると思います。

i70試打データ
i70試打データ

軽くなったことで『i80』よりもさらに振りやすくなったという印象です。非常に操作性もよくスピードも十分に感じられる。それでいてスチール繊維を使っているという強靭さがありますので、多くのアマチュアの人にこのシャフトの良さが伝わるのが『i70』といえるでしょう。

スチールとカーボンのメリットを併せ持つ

トゥルーテンパー『スチールファイバー』スチールとカーボンのメリットを併せ持つシャフト

『スチールファイバー』の4つの重量帯を打ってみました。『i110』、『i125』の重量帯になるとスチールシャフトとの比較になりますが、スチールシャフトと比べると振り心地としての金属繊維の粘り感というかもたつき感がありません。

この辺りにカーボン繊維の良さが活きているのだと思います。逆にカーボン繊維でここまで重いシャフトを作ってしまうと、しまり過ぎてピンピンはねてしまいます。カーボンだけで作ったシャフトとは明らかに性能が違います。

そういう意味では一番外側に金属繊維が入ると重量と強度が均一になり、しなりのタイミングが取りやすくなります。重さに対してのしなりがスムーズになるという特徴があります。

『i70』、『i80』の軽量帯シャフトですが、90~100g台の軽量スチールシャフトに比べると軽さ、シャープさがあっていいですね。100gを切ってくる軽量帯のスチールシャフトだとミッドの弱さ、切り返しの際にグッと折れてしまう弱さがある。

私は少しこのタイプのシャフトを打つのは得意ではないのですが、『スチールファイバー』はカーボン素材と金属繊維のマッチングなのでシャフトの剛性感があります。それでいて、スピード感もある。このスピード感がカーボン繊維の特徴で、自分が負荷をかけていった時にスムーズにシャフトが反応してくれるレスポンスの良さが『スチールファイバー』にはあります。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

トゥルーテンパー『スチールファイバー』スチールとカーボンのメリットを併せ持つシャフト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゴルフボール「XXIO REBOUND DRIVE」を新発売

  • スライス防止になるか?アキラプロダクツ『ADR』×『TOUR AD』

  • キャロウェイ『マックスファスト』軽く振り抜けて飛ぶ!ミート率の高さで群を抜く

  • 畑岡奈紗選手 米国女子ツアー4勝目

関連記事

  • キャスコの新アカパタ『Red9/9 White back』で30球勝負! カップイン率UPは本当か?

  • スライス防止になるか?メタルファクトリー『A9 SKY FW(3W)』×『MURAKUMO HAYATE FW』

  • 中古クラブをシェア&売買できる『ラビシェア』を体験してみた

  • ムジーク『DD2HEAVEN』は打点ズレに強いのか? 永井延宏プロが徹底検証

  • スライス防止になるか?ワオ『RV555 Type-S』ドライバー×Arch『CA-01』シャフト

  • 半端ない低スピン、JIGEN『eRookⅡ』ヘッドのブレも抑制して直進性向上