1. TOP
  2. ゴルフ関連団体
  • 他のゴルフ団体との絆を深めてゴルフ市場の活性化を!全日本ゴルフ練習場連盟横山雅也会長

    今年6月、全日本ゴルフ練習場連盟(JGRA)の会長に横山雅也氏が就任した。練習場数は国内に3000弱と見られて […]

  • ゴルフ場経営者団体NGKの手塚理事長が語る業界の課題

    「既にゴルフ人口がピーク時の半分になってしまいました。我々NGKはいかに多くの人たちにゴルフを始めてもらうか、 […]

  • ニューゴルフの開発を! JGTOの大西久光副会長が吠える PART2

    ゴルフ界の低迷が続いて久しいが、その要因について俯瞰的に語れる人物は少ない。大西久光氏は例外的で、メーカー、ゴルフ場、トーナメント界の温故知新を細部にわたって熟知している。 男子ツアーの再活性化案、用具開発の規制強化に走るR&AとJGAを鋭く叱り、自身の考えを披露する。 PART2では、コースごとの特色を見出せないゴルフ場の現状と改善策について語った。

  • ニューゴルフの開発を! JGTOの大西久光副会長が吠える PART1

    ゴルフ界の低迷が続いて久しいが、その要因について俯瞰的に語れる人物は少ない。大西久光氏は例外的で、メーカー、ゴルフ場、トーナメント界の温故知新を細部にわたって熟知している。 男子ツアーの再活性化案、用具開発の規制強化に走るR&AとJGAを鋭く叱り、自身の考えを披露する。 PART1では、JGTOが抱える問題点や若いプロゴルファーが活躍しやすくなるための改革案。

  • 3年以内に女性来場率20%を目指します!

    日本ゴルフ場支配人会連合会は、今年初めて、全国規模でゴルフ場の女性来場者数を集計した。結果は、全国平均10.6%。 この結果を受けて田村和男会長は何を思うのか? 今後、どのように女性ゴルファーを増やしていくのか、GEW女子部見習い編集長・青樹が田村会長の秘策に迫る。

  • 三者連携で学生10万人ゴルファー囲い込み

    全国大学体育連合(大体連)と日本プロゴルフ協会(PGA)、ゴルフ市場活性化委員会(GMAC)は6月27日、都内で「大学のゴルフ授業充実」に向けた三者連携の調印式を行った。 大体連が特定のスポーツ業界と本格的な提携を交わすのは初めて。全国782の4年生大学では、体育の授業にゴルフを導入しているケースが延べ約580もあり、最大10万人規模の学生がほぼ初めてクラブを握るが、大半は土のグラウンドで授業を終える。 この現状を重く見た業界団体が大体連に働き掛け、「ゴルフ授業」の環境整備に乗り出すもの。調印式に出席したスポーツ庁の鈴木大地長官も「期待している」とエールを贈った。

  • PGAが大学の授業で若者ゴルファー創造に本腰

    日本プロゴルフ協会(PGA)の井上建夫副会長は6月7日、武蔵野美術大学(都下)の体育授業でゴルフを専攻する学生に対し「特別講義」を行った。実はこれ、業界が目指す若者ゴルファー創造策の一環。 全国の4年生大学では延べ約580のゴルフ授業を行っており、講義内容の充実を図ることで若者のプレー人口増を図る試みだ。その第一回の成果は如何に?

  • 女子ツアー隆盛のカギは「新人教育」

    ひと昔前、低迷に喘いでいた女子ツアーが盛り返しているのは周知のとおり。今季も間断なくスケジュールが埋め尽くされ、新規スポンサーになるのが難しい状況。背景には徹底した新人教育があり、これを司るのが日本女子プロゴルフ協会のゴルフ・ビジネス・ディビジョンだ。総責任者の伊藤佳子副会長が、将来構想を含めて語り尽くした。

  • 加盟率を高めてモノ申す集団へ

    日本ゴルフ場経営者協会(NGK)は現在、加盟208コースを擁する国内唯一の「ゴルフ場経営者団体」だ。しかし、国内ゴルフ場の加盟率は1割程度と低迷している。 日本にはあまたのゴルフ場関連団体があるが「産業ベースで市場の活性化を考えるのは我々だけ」との自負を持つ。NGKの手塚寛筆頭副理事長が、市場再生策を大いに語る。

  • 会場に若い人がいませんね・・・。Part1

    日本ゴルフジャーナリスト協会(JGJA)は先頃、「日本のゴルフ界再興に向けた熱き討論集会」を開催。123名の業界関係者が集まり、第2部は聴衆参加の討論会となった。29歳、中古ショップの店長が「あと40年は業界で頑張りたい。ゴルフ業界で働くことの魅力を教えて欲しい」。また、ゴルフ場経営者からは「ゴルフが下手な支配人が増えている。支配人がゴルフを学ぶより、PGAのプロが貸借対照表を学ぶ方が早いのでは?」など、様々な観点からの主張があった。

  • 会場に若い人がいませんね・・・。Part2

    日本ゴルフジャーナリスト協会(JGJA)は先頃、「日本のゴルフ界再興に向けた熱き討論集会」を開催。123名の業界関係者が集まり、第2部は聴衆参加の討論会となった。29歳、中古ショップの店長が「あと40年は業界で頑張りたい。ゴルフ業界で働くことの魅力を教えて欲しい」。また、ゴルフ場経営者からは「ゴルフが下手な支配人が増えている。支配人がゴルフを学ぶより、PGAのプロが貸借対照表を学ぶ方が早いのでは?」など、様々な観点からの主張があった。

  • 会場に若い人がいませんね・・・。Part3

    日本ゴルフジャーナリスト協会(JGJA)は先頃、「日本のゴルフ界再興に向けた熱き討論集会」を開催。123名の業界関係者が集まり、第2部は聴衆参加の討論会となった。29歳、中古ショップの店長が「あと40年は業界で頑張りたい。ゴルフ業界で働くことの魅力を教えて欲しい」。また、ゴルフ場経営者からは「ゴルフが下手な支配人が増えている。支配人がゴルフを学ぶより、PGAのプロが貸借対照表を学ぶ方が早いのでは?」など、様々な観点からの主張があった。

  • 会場に若い人がいませんね・・・。Part4

    日本ゴルフジャーナリスト協会(JGJA)は先頃、「日本のゴルフ界再興に向けた熱き討論集会」を開催。123名の業界関係者が集まり、第2部は聴衆参加の討論会となった。29歳、中古ショップの店長が「あと40年は業界で頑張りたい。ゴルフ業界で働くことの魅力を教えて欲しい」。また、ゴルフ場経営者からは「ゴルフが下手な支配人が増えている。支配人がゴルフを学ぶより、PGAのプロが貸借対照表を学ぶ方が早いのでは?」など、様々な観点からの主張があった。

  • 会場に若い人がいませんね・・・。Part5

    日本ゴルフジャーナリスト協会(JGJA)は先頃、「日本のゴルフ界再興に向けた熱き討論集会」を開催。123名の業界関係者が集まり、第2部は聴衆参加の討論会となった。29歳、中古ショップの店長が「あと40年は業界で頑張りたい。ゴルフ業界で働くことの魅力を教えて欲しい」。また、ゴルフ場経営者からは「ゴルフが下手な支配人が増えている。支配人がゴルフを学ぶより、PGAのプロが貸借対照表を学ぶ方が早いのでは?」など、様々な観点からの主張があった。

  • PGA会員をゴルフ業界で活躍できる人材にしたい! Part1

    日本ゴルフジャーナリスト協会(JGJA)は先頃、「日本のゴルフ界再興に向けた熱き討論集会」を開催した。第1部はPGAの倉本昌弘会長とJGGA馬場宏之会長の討論会。倉本会長は「PGAの会員は思ったほど業界で雇用されていない。つまりそれほど必要とされてないのです」と発言。必要とされる人材への改革案を熱く語った。

  • PGA会員をゴルフ業界で活躍できる人材にしたい! Part2

    日本ゴルフジャーナリスト協会(JGJA)は先頃、「日本のゴルフ界再興に向けた熱き討論集会」を開催した。第1部はPGAの倉本昌弘会長とJGGA馬場宏之会長の討論会。倉本会長は「PGAの会員は思ったほど業界で雇用されていない。つまりそれほど必要とされてないのです」と発言。必要とされる人材への改革案を熱く語った。

  • PGA会員をゴルフ業界で活躍できる人材にしたい! Part3

    日本ゴルフジャーナリスト協会(JGJA)は先頃、「日本のゴルフ界再興に向けた熱き討論集会」を開催した。第1部はPGAの倉本昌弘会長とJGGA馬場宏之会長の討論会。倉本会長は「PGAの会員は思ったほど業界で雇用されていない。つまりそれほど必要とされてないのです」と発言。必要とされる人材への改革案を熱く語った。

  • PGA会員をゴルフ業界で活躍できる人材にしたい! Part4

    日本ゴルフジャーナリスト協会(JGJA)は先頃、「日本のゴルフ界再興に向けた熱き討論集会」を開催した。第1部はPGAの倉本昌弘会長とJGGA馬場宏之会長の討論会。倉本会長は「PGAの会員は思ったほど業界で雇用されていない。つまりそれほど必要とされてないのです」と発言。必要とされる人材への改革案を熱く語った。

  • 女性をつかめば必ず男性は来る!敏腕支配人が語る「信念の経営」 4

    第2回 チャレンジ93 ゴルフプロ・フォーラム 

    東宝調布スポーツパーク 総支配人 鈴木利和氏
    近年、日本のゴルフ人口は年々減少傾向にあり、現在、総人口の7%(約800万人)がゴルファーと言われている。NPO法人ゴルフアミューズメントパークでは、ゴルフをやっていない93%の人達へ、ゴルフの楽しさを伝え、一人でも多くのゴルファーを増やす活動を「チャレンジ93プロジェクト」と称し、様々な企画を実施している。そのプロジェクト第2弾として、今年4月下旬、東宝調布スポーツパークの鈴木利和総支配人を迎えて講演会を行った。同施設は厳しい業界にあって、"初めてゴルフは調布から"をキャッチコピーに新規顧客を次々と獲得している。果たして、その戦略とは...。

  • 女性をつかめば必ず男性は来る!敏腕支配人が語る「信念の経営」 3

    第2回 チャレンジ93 ゴルフプロ・フォーラム 

    東宝調布スポーツパーク 総支配人 鈴木利和氏
    近年、日本のゴルフ人口は年々減少傾向にあり、現在、総人口の7%(約800万人)がゴルファーと言われている。NPO法人ゴルフアミューズメントパークでは、ゴルフをやっていない93%の人達へ、ゴルフの楽しさを伝え、一人でも多くのゴルファーを増やす活動を「チャレンジ93プロジェクト」と称し、様々な企画を実施している。そのプロジェクト第2弾として、今年4月下旬、東宝調布スポーツパークの鈴木利和総支配人を迎えて講演会を行った。同施設は厳しい業界にあって、"初めてゴルフは調布から"をキャッチコピーに新規顧客を次々と獲得している。果たして、その戦略とは...。

1 2