1. 感性の巧みデザイン、ボーケイから『コールド・フォージド』

感性の巧みデザイン、ボーケイから『コールド・フォージド』

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 90 Views

その特長は、やはり冷間鍛造製法だろう。熱変形を抑えた製品精度の向上がウリだ。そして同シリーズで初となる、スピンミルドテクノロジーを採用。新たに『SM5』に搭載された「TX3グルーブ」を用いて、ロフト角48度~54度は狭く深く、56度~60度は深く改良されている。結果、フライヤーを抑えたスピン性能を発揮するという。また、様々なライから使用するウエッジにとって、安定した入射角は重要。プレウォーンリーディングエッジをデザインし、プロのニーズに細やかに対応している。

そしてソール形状のバリエーションも魅力的だ。フルにバウンスがあり、インパクト時にトレーディングエッジ側が接地しやすく開かなくてもバウンスの効果を発揮しやすいFグラインド。トゥとトレーディング、ヒールにかけて大きくグラインドされ、バウンスを必要に応じて使用できるMグラインド。そして最も幅が広く丸みを帯びているため、インパクト時の入射角に対して許容範囲が広いKグラインド。

昨シーズン、日本男子ツアーで使用率No1(ダレルサーベイ調べ)を獲得した「ボーケイ・ウエッジ」。今年も快進撃が期待される。

問い合わせはアクシネットジャパンへ、0120~935~325。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • タイトリストがボール工場見学ツアー

    • アクシネット社ユーライン社長が退陣

    • アクシネット社、特許侵害、虚偽広告の疑いでコストコを対抗提訴

    • アクシネット社上期売上は前年割れ

    • ゴルフ業界に上向きの兆候?

    • 依然業績好調のアクシネット社