1. ニュース
  2. メーカー

飛んで、止まって、よく見える!人気の『Volvik VIVID』がリニューアル

メーカー 片山三将
飛んで、止まって、よく見える!人気の『Volvik VIVID』がリニューアル

FDRは、世界初のマットカラーボールとして販売している『Volvik VIVID(ボルビック ビビッド)』をリニューアル、同社のツアーパフォーマンスモデル『S3(エススリー)』『S4(エスフォー)』にも採用している「ナノビスムスコア」を新たに採用し、従来モデルよりもボール初速を向上させ飛距離アップを実現したというニュー『ボルビック ビビッド』を6月10日より発売した。

『ボルビック ビビッド』といえば、ボルビックを世界のボールブランドに押し上げた同ブランドを代表するモデル。

市場でも人気が高いだけにそのリニューアルは既存のユーザーだけではなく、これからボルビックのボールを使おうと思っている新規ユーザーも気になるところだ。

従来品から最も大きく変更されたポイントが、「ナノビスムスコア」の採用。これにより、ドライバーショットにおけるボール初速の向上、無駄なスピンが抑えられ飛距離アップを果たしたという。また、マットコーティングとの相乗効果で、アイアンショットやアプローチショットでは、安定したスピン量でボールコントロールもしやすくなったとのこと。

さらに、3本ラインの「V・A・S(ボルビック・アライメント・システム)」が、ティーグランドでの目標設定、グリーン上でのボールセットを容易にし、ターゲットに対して正しく真っすぐに構えやすく方向性も安定させたという。

また、カラーもコース上での見やすさと構えやすさを追求したリニューアルのマットカラーを採用。レッド・グリーン・オレンジ・ピンク・レモンイエローの5色展開を図る。

新たなパフォーマンスとデザインでリニューアルされた『ボルビック ビビッド』は、今年後半に大きな注目を集めるニューモデルの一つになることは間違いない。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

飛んで、止まって、よく見える!人気の『Volvik VIVID』がリニューアル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ボールが打てないのがいいスイングの証拠?

  • シリコングリップでさらに飛ばそう!『GGG-S026』を新発売

  • 飛距離追求型ボールの第二弾!「スリクソン X2」を新発売

  • 戦うから、支え合うへ 「その横串の役割を『ハドラス』が提供します!」

関連記事

  • 特別な「コードカオス」が登場!“2020”足限定で

  • シーモアのナッシュビルスタジオシリーズより「Z1s」が新登場

  • 「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

  • 2本のアライメントスティックと組み合わせるスイング練習器『ダイヤスイングアライメント』

  • ソナテックが再上陸か?ウエッジヘッドを上市するアドラージャパン

  • リバーシブルで2種類のバランス練習ができるゴルフ練習器『ダイヤバランスアライメント』