1. ニュース
  2. メーカー

レベルブローインパクト『NEW iD435』

メーカー 編集部

 
プロや上級者の求める吹け上がり感のない強弾道を目指して、レベルブロー・インパクトをイメージしやすいハイバック(ヘッド後方が高い)形状を採用。さらに435cm3のコンパクトヘッドとスクエアなフェースで、プロ・上級者が嫌う捕まり過ぎを気にせず叩けるイメージに仕上がっているという。ハイバック形状は、同社のデータ解析で、プロ・上級者のインパクト前後の上下進入角が0~2度と判明したからだという。
 
さらに、フェースは9万1000通りの編肉シミュレーションから専用編肉パターンを開発。従来品よりフェース肉厚を0・2mm薄肉化。ボール初速も制限値限度まで実現している。
 
クラウン設計にもこだわりを見せた。クラウン裏側をヒールからトゥに向けてストライプ状のケミカルミーリングを施すことで、最薄部は0・35mmになり、約5gの余剰重量を生み出す。これによって、重心設計の自由度が高まり、重心距離34・5mm、重心深度33・5mm、慣性モーメント4000g/cm2を実現した。つまり、高い操作性とスクエアインパクトの再現性を実現している。もちろん、同シリーズ独自の「新重心設計」、「3バランス設計」も踏襲して、インパクト効率も高めている。
 
価格は7万5600円で、ロフト設定は9・5度と10・5度。シャフトフレックスは、M―46、M―43、M―40の3種類。
 
問い合わせはプロギアへ、03~3436~3341。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【終了しました】日本シャフト2019新製品発表会ライブ配信

  • マジェスティゴルフ2019新製品発表会ライブ配信

  • 全日本ゴルフ練習場連盟、役員選任のお知らせ

  • キャスコ、役員選任のお知らせ

関連記事

  • 小型ファン付きウエア『AIR COMPO』は涼しい?スイングの邪魔にならない?検証します

  • ギリギリ第3弾、プロギア新RSドライバーはなぜ飛んで曲がらないのか?

  • 「新RSで269ヤード」 プロギア山本副社長の飛ばし命

  • 「ギリギリ、全開。」新たな高初速へ プロギアが新RSシリーズを7月13日に発売

  • PRGR「RS-F」適合リストから除外へ

  • 『RS-F』自主回収で試されるPRGRの胆力