月刊ゴルフ用品界2017年8月号
104/208

1043つの力でブレずに飛ばせ!『G400』発売問い合わせ先:ピンゴルフジャパン TEL 048-437-6501445㎤の『G400』シリーズドライバー ピンゴルフジャパンは9月7日、『G400』シリーズのドライバー3機種、FW3機種、UT1機種、アイアン型ハイブリッド1機種、アイアン1機種の計9機種を発売する。共通するコンセプトは、「ブレない!」「抵抗しない!」「反発する!」というもので、ドライバーなら上下左右の慣性モーメントの拡大、空気抵抗軽減によるヘッドスピードのアップ、そして素材T9S+」をフェース素材に採用。前作比で約16%フェースのたわみ量が多く、初速アップに繋がっているとしている。 これら3つの力でプラス5ヤードの飛距離増大を謳っているが、興味深いのはヘッドサイズが445㎤ということだろう。「上下左右の慣性モーメント(MOI)は9000g・㎠近い数字で競合他社の数値より大きくてヘッドの安定感は抜群ですが、実は今回はヘッドスピード増加の優先順位が高く、空気抵抗軽減のためにヘッドサイズを445㎤にデザインしています。そのサイズでも上下左右のMOIは拡大しています」(安齋伸広プロダクトマネージャー) 価格は前モデル『G』シリーズと比較して2000円安い6万3000円。高MOIと新マレージングC300フェース、フラットソールで初速アップのFW、UT、アイアン型ハイブリッド そして『G400』シリーズのFW、UT、アイアン型ハイブリッド『G400クロスオーバー』は、上を含む新フェースによる反発力のアップだ。 ドライバー『G400』はスタンダードタイプの『G400ドライバー』、捉まり重視の『G400SFテック』、そしてロースピンの『LSテック』をラインアップする。 その特徴は同社史上最も低く深い重心と上下左右の慣性モーメントを3%拡大。前作比約1・4g軽量&約0・43㎜の極薄「ドラゴンフライ・クラウン・テクノロジー」を搭載している。また、ヘッド内部に6本リブをデザインし、心地良い打球音を実現しているほか、高比重のソールウエイトを搭載して深重心にデザインするとともに、ヘッドタイプ別にタングステンウエイトを適材適所に配置しているという。 また、タービュレーターとボーテックを最適な形状に改善。空気抵抗も同社比で15%削減し、ヘッドが走って捉まる形状に仕上がっている。 それに加え、同社独自の熱処理と製法から生まれた「フォージド

元のページ 

page 104

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です