月刊ゴルフ用品界2017年8月号
165/208

2017/6/1~6/30ハンズ・クラブハウスHANS CLUB HOUSE―ハンズ・クラブハウスは2013年11月に首都ソウル・江南に創立されたゴルフフィッティングスタジオ。一般ゴルファーから韓国ゴルフ代表の予備軍、そしてツアープロまで幅広い層にフィッティングサービスを施している。ゴルフパーツ別に多岐にわたるメーカーの商品を揃えているのも強みだ。清潔で商品ディスプレイや工房がしっかりとセパレートされた空間は評価が高く、富裕層の利用も多い。江南のゴルフの名所として脚光を浴びている。また、岡村フェレールやGlitersベルトの韓国輸入元であり、今後はゴルフ専門ポータルサイトにも注力していく。※ハンズ・クラブハウス調べ1位:RODDIO12345↑↑↑↑↑RODDIOALDILABASSARAFUJIKURA BasileusS-SeriesNV-JVGRANDSPEEDERStandare series¥69,300¥39,600¥54,450¥49,500¥69,300WOOD SHAFT4位:PXI12345↑↑↑↑↑FUJIKURA KBSTOUR AD TRUE TEMPERSHIMADAMCIKBS TOUR65 RPXIK's 8001¥14,850¥6,930¥14,850¥9,900¥7,920IRON SHAFT1位:FIIRON HEADZESTAIMYUMEIWAKIMFSMATAL FACTORY FI-SeriesD-40SNIPERP-SeriesS1, S2¥27,700¥21,780¥19,800¥19,800¥31,68012345↑↑↑↑↑4位:THE GDRIVER HEADA-GRIND MYSTERYYUMETHE-GMetal factoryDSTCF-460 HI-CoreZERO SPECIAL460-TIA7¥99,000¥108,900¥94,000¥99,000¥99,00012345↑↑↑↑↓■ハンズ・クラブハウス コメント 「ドライバーヘッドはMatt black 6-4 titanのようなA-GRIND製品が人気だ。シンプルなデザインと高い慣性モーメントで距離と方向性の両方を満たしている。ミステリーの高反発モデルである『M Line』の供給が円滑ではなく、既存モデルの『CF-460』が良い反応を得ている。ミステリードライバーの顧客の忠誠心が高い証拠だ。また、国内ドリームゴルフ(TDG)で流通するZEROが新たに浮上した。 マーケティングが安定したゼステイムのヘッド需要が高い。ベースは同じだがヘッド仕上げをラフ、ミラー、サテン、ブラック、シルバーに変えて、アイアンのトレンドをリードしている。ゴールド仕上げの反発力に優れた橋本夢製品の需要も増えている。ウェッジヘッドはゾディアが独占した雰囲気である。ウッドシャフトはロッディオの既存モデルが強気であり、まだ新製品へ移行していない。アルディラは、広告に力を入れており、試打時はソフトな打感と飛距離が好評を博している。アイアンシャフトはフジクラのMCIが様々な仕様で人気がある。 KBS製品は着実に販売されている」165

元のページ 

page 165

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です