月刊ゴルフ用品界2017年8月号
42/208

キャロウェイがダンロップの6連覇を阻止できるか?記者A 8月号は毎年「総合力ランク」だけど、今回は大きな異変が起きそうな予感がするね。記者C まさか、キャロウェイが1位とか?記者A そのまさかが起きそうな気がするんだよね。今年の上半期は『EPIC』が市場を席捲した。『ゼクシオ』が裏年ということもあるけれど、一気にキャロウェイが走るんじゃないか。記者B それはどうでしょう。キャロウェイが大幅に評価を高めるのは確実だけど、このアンケートは「総合力」が重視されるから、1位のダンロップは例年通りで、昨年2位のキャロウェイが大幅に首位との差を詰める。という読みが固いと思いますよ。記者C 同感です。キャロウェイの大躍進は間違いないものの、ダンロップの1位は不動だと思いますね。契約の松山英樹は世界ランク2位、遼くんとは圧倒的な差が開いてしまって、その面での露出度も上でしょう。記者D そうですね。たしかに「開発力」と「広告力」はキャロウェイが断トツだし、これに続くのはテーラーだと思いますが、「ブランド力」や「市場活性化力」ではダンロップに長年の実績がありますから。それよりぼくが気になるのは、昨年11位のプロギアです。『RSーF』でミソをつけましたが、後継機種の素早い展開はかなり評価されると思いますし、3位とは言わないまでも、かなり上に来ると思いますね。記者A E子くんはどう?記者E子 う~ん、わたしはどこも大差なく、みんな一等賞に感じてしまうんですが‥‥。というかわたし自身、各社のクラブの違いを明確に理解できてなくて、まだまだ勉強不足です。記者A ていうか、ヤマハのクラブ買ったんだって?記者E子 はい、『UD+2』を買わせて頂きました、しかもフルセットで(笑)記者A それって高い買い物だよね。買うってことは、明確に何かを評価してるわけでしょ。 記者E子 そうですね。まず、デザインがカッコよくて、プラス2番手の飛びとフィッティングも決め手でした。それと、入社して初めて出したタイアップ企画にヤマハさんが最初に乗ってくださった42

元のページ 

page 42

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です