月刊ゴルフ用品界2017年8月号
88/208

AKB48と中国ゴルフの因果関係 きっかけは指原莉乃 まさかこのコーナーにAKB48が関わるとは夢にも思ってみなかった。しかし、こんなことがあってもいい、と素直に切り替えた。 劉(仮名)さんは50代前半の貿易商。上海出身で大学を卒業後、貿易会社に勤務したのち、30代は創世期の証券会社に席を置いた。その後再び香港の貿易会社に転職する。 当時40代だった劉さんは会社のバイヤーとして年に数回程度、日本を訪れ展示会に顔を出していた。中国の好景気に乗り訪日の頻度は高まり、日本語も勉強した。そんな劉さんがはまったのが、偶然、定宿の秋葉原のホテルのテレビで観た深夜放送だった。「さしこのくせに」がその番組のタイトルである。2011年1月から同年9月まで毎週水曜日午前1時25分から30分間放映されたバラエティ番組だった。深夜、疲れ切った身体で何気なく点けたテレビに劉さんは衝撃を受けた。 「宿泊先が秋葉原ですからアイドルとかオタクとかAKB48は知っていました。だけど『へたれ』という単語は知らなかったし、ヘタレ友さんに約10万票も差をつけてぶっちぎった。国政選挙に出ても十分当選する票数だ。 「実はそのうち1500票は僕が投じた票なんです」と劉さん。なんと、しっかり指原さんにハマっとりますやん。 「いや、本当にハマったのは大島優子さんなんですけど、優子さんがAKBを卒業したので推し変したんです」。推し変とは応援する(投票する)アイドルを変更するというオタク専門用語。 「日本ではアイドルオタクって変な目で見られるけど、中国ではもともと他人の目は気にしないし、オタクは経済的に余裕がある証としてステータスが確立されているんです」と劉さん。 「特に指原さんは中国のファンを大切にするので、中国でも絶大な人気なんです。仕事で秋葉原に行けるので中国のオタク仲間からはうらやましがられています。劇場公演とか握手会は抽選なので、日程が合わないと当選しても行けないので、そんなにたくさんは行ってません」──それにしても1500票って投票するのは有料ですよね?のアイドルというのが信じられなかった。ヘタレって漢字で書くと屁垂れですよね。中国では屁を垂れる人はその時点でアイドルじゃないんです」 劉さん、日本も同じです。あと、指原さんは実際に屁を垂れているわけではないのです、念のために。──それで指原さんにハマったのですか?「いえいえ、ただ面白いなぁと思っただけですけど、日本に出張中は必ず見てました。そのころ、指原さんはまだ人気もなく、でもふてくされながらも、頑張る姿が愉快で、アイドルじゃなくお笑いの人みたいでした」AKB48総選挙 今や社会現象と化したAKB48の総選挙は細かく説明はしないが、ファン投票でメンバーの人気度をリアルに決めるイベントで今年で9回目となる。ちなみに件の指原さんは第1回目が投票数1170で27位。第5回目で1位。その後2位に落ちるも、今回まで破竹の3連覇。今年の総選挙では24万6376票を獲得し2位の渡辺麻88

元のページ 

page 88

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です