1. キャロウェイ ドライバー、アイアンの新プロトタイプ出現

キャロウェイ ドライバー、アイアンの新プロトタイプ出現

新商品・メーカー関連
この記事は約 2 分で読めます。 140 Views

このウェイトは、最近出されたテーラーメイドのSLDRドライバーのものより小さいが、その後部配置は操作によるドライバー重心位置の最適配置にどう効くのか議論を呼びそうだ。

長年、テーラーメイドは、ドライバーの高い打ちだし角度を得るための低くてフェースよりの重心位置と低スピンのメリットを主張してきており、同社では重心位置の配置が、ボールスピードの増加とフェースの下部で打ったときの容認性向上につながると言っている。

同様に、タイトリスト、キャロウェイ、ピンのようなメーカーは、重量配置戦略効果を好んでおり、ピンのクラブ設計技術者、マーティ・ジャートソンによれば、それがクラブヘッドの安定性を改善し、ゴルファーがより効果的な打ちだし条件達成を可能にするということだ。

このドライバーはまた、ドライバーのヒール位置にあるウェイトトラックの端に脱着可能なウェイトを備え、更に二重歯車(dual-cog)調整可能ホーゼルを備えている。但し、これがそのままで一般発売されるかどうかは不明だ。キャロウェイゴルフの担当者は、まだスコアラインが無くソールにマークも付いていないこの未完成プロトタイプに関するコメントを拒否している。

また同時に、二種類のキャロウェイ、プロトタイプアイアンもドイツバンク選手権練習場で発見されている。一つはキャロウェイの2013年度、X Forgedアイアンのラインにも見えるが、多素材構造のX Forgedとは似ていない。もう一つのモデルは、高い弾道と打ち易さ、高いボールスピードを得るための深いアンダーカットキャビティを備えている。(GOLF WRXウェブサイト 8/28記事より)

いずれも発売に関する情報は未確認だが、2014年度モデルとして正式発売に向かうものと思われる。テーラーメイド、キャロウェイ、タイトリスト、ピンなどがツアー現場で繰り広げているプロトタイプ合戦、将来の一般発売へ向けていよいよ熾烈さを増してきたようだ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?

  • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

  • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!