ゴルフレッスンの資格としては日本プロゴルフ協会(PGA)が発行する資格が有名ですが、PGAとは別に独自にライセンスを発行する団体がいくつかあります。今回はJIPGAについて紹介します。
JIPGA(日本インストラクタープロゴルフ協会=NPO)は1993年に設立され、ゴルフインストラクターの育成や資格認定等を目的に結成された団体です。主な活動は、月例研修会や年2~3回のイベント、ブラインドゴルフ大会でのボランティア活動です。会員特典としては資格を利用してのレッスンや有資格者との交流で、会員には巨人軍の主砲を務めたこともある蓑田浩二さんなど、多くの有名人がいることも他団体にはない特徴です。

入会規定
心身共健全であること。満20歳以上であること。
※書類審査、実技テスト、筆記、面接を経て会員となる。
正会員のランクはA~C。その他、アマチュア指導員の資格もあり。
詳細はこちら(http://jipga.org/l)

活動内容
・月1回の研修会
・年2~3回のイベント
・ブラインドゴルフ協会へのボランティア協力 など

JIPGA参事 楠康郎氏
楠プロ月例研修会ではプロゴルファーとアマチュアが一緒にプレーします。会員はゴルフを教えるプロとして日ごろから努力をしていますので、ゴルフの技術はもちろん、マナーやルールについてもティーチングします。何より、参加されたアマチュアの方はプロを身近に感じてゴルフを楽しんでいただける良い機会だと考えています。
ブラインドゴルフ大会でのお手伝いは考えさせられますね。ハンディキャップをお持ちの方の集中力は素晴らしいです。私たちは邪念が入ってしまいますからね(笑)。また、JIPGAのアマチュア指導員の資格を取得して、地域の子供にボランティアでゴルフを教える方も増えています。資格はレッスン受講者に安心感を与えますからね。


詳細はWEBサイト・・・・・
http://jipga.org/

姉妹団体
健康ゴルフ振興協会
http://www.kenkou-golf.org/
日本FOSゴルフスクール指導者協会
http://www.fosg.jp/index2.htm

インストラクターの求人はこちら

 


注目企業

  • 株式会社HIRO GOLF ACADEMY 株式会社HIRO GOLF ACADEMY
    ★【HIRO GOLF ACADEMYとは?】★ 東京の中心地「六本木」で2011年よりインドアゴルフスクールを行っているHIRO GOLF ACADEMY(ヒロゴルフアカデミー)は六本木という場所柄、ビジネスで大成功を収めている経営者の方や近隣で働くビジネスマンやOLさん...

会員登録すると!

【応募が出来る!】
一度登録すると興味のある求人企業にエントリーが可能です。
【スカウトメールが届く!】
スカウトメールは、求人企業が求職者をスカウトする機能です。「受ける」に設定すると求人企業により求職者情報の閲覧が行われ、スカウトを受ける可能性があります。
ログイン
新規会員登録


セミナー・イベント情報

芝生管理のエキスパートになろう!

近年ではCO2吸収やヒートアイランド緩和などの環境への好影響だけでなく、セラピーや運動への健康増進効果なども注目されはじめました。
また、近年では学校の校庭の芝生化も多くなり、現在約6%強(約2,000校以上)の学校が芝生化されています。
芝生は文化のバロメーターとも言われますが、日本でも従来の日本芝に加えてライグラスや・ベントグラス・バミューダグラスなどを用いて常緑の芝地を維持することが標準になってきました。
芝草管理技術者の資格はこれからの芝生文化の担い手として期待されるとともに、芝生管理の専門家として広く認められているところです。H19年より本資格は、公益財団法人日本ゴルフ協会の公認資格となっております。

資格を取得するには・・・・
芝草管理技術者[Certified Turf grass Manager by TOJ]の資格は『3級』・『2級』・『1級』の3段 階になっており、3級から順次取得してステップアップしていきます。 それぞれの級の研修会を受講し、試験に合格された方に3年間の資格を付与いたします(以降は資格 更新が必要です)。

≪3級≫
芝生管理者として必要な基礎知識と技術について学びます。
【受験資格】・18歳以上で、3級研修会(3日間、18単位)を受講した方です。・芝草管理の実務経験は問いません。
【試験の概要】筆記試験(正誤選択、120分、100問)、合格目安は60点です。テキスト持込可
【実施時期とサイクル】隔年実施。次回は2018年2月研修会、3月試験の予定です。
【費用等】研修会受講料: 43,200円試験受験料: 16,200円

≪2級≫
芝生管理の専門家としての知識、技術の応用を学びます。ゴルフ場のグリーンキーパーとして必要なレベルを目指します。
【受験資格】当機構の3級資格を所持し、且つ原則として3年以上の実務経験がある方(事業所の証明が必要)、または所定の課題レポートを提出して試験研修委員会が認めた方で当機構の2級研修会(4日間、24単位)を受講し、小論文を提出した方です。
【試験の概要】筆記試験(4択、180分、50問)、合格目安は70点です。テキスト持込可
【実施時期とサイクル】隔年実施。次回は2017年2月研修会、3月試験の予定です。
【費用等】研修会受講料: 64,800円試験受験料: 21,600円

≪1級≫
芝草管理技術者として必要な高度の知識・技術力、及び管理・指導・統率力などについて学びます。
【受験資格】当機構の2級資格を所持し、且つ原則として10年以上の芝草管理責任者としての経験がある方(事業所の証明が必要)、または所定の課題レポートを提出して試験研修委員会が認めた方で、当機構の1級研修会(4日間、24単位)を受講した方です。
【試験の概要】一次試験:筆記試験(4択90分)、(記述60分)及び論文試験(自由テーマ)、(指定テーマ)合格の目安は筆記A B合計80点以上で面接試験(二次)へ進みます。*テキスト持込不可二次試験:面接による考課
【実施時期とサイクル】3年毎の実施。次回は2017年2月研修会、3月一次試験、5月二次試験の予定です。
【費用等】研修会受講料: 86,400円筆記試験受験料: 21,600円面接試験受験料: 21,600円

【お問い合わせ先】
特定非営利活動法人日本芝草研究開発機構
03-5823-4893
http://www.shibakusa-rd.or.jp/





メルマガ登録・解除

毎週一回、注目のゴルフ情報を
お届けいたします。
※メールアドレスをご入力下さい。

登録
登録解除

Gew Tube

女子部

求人情報

プレゼント

リンク集

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • ↑PAGE TOP