1. 注目記事
  2. ゴルフ練習場「限界突破論」

第1回 ゴルフ練習場をやめます!

ゴルフ練習場「限界突破論」 練習場・インドア 礒﨑博文

読者の皆様、初めまして!

茨城県で練習場2店舗(水戸、ひたちなか市)を運営するウィルトラストの礒﨑博文と申します。私は2013年、27億円の多重債務を抱えるゴルフ練習場運営法人の株を取得し、事業再生に挑戦した若輩の新参者でございます。よろしくお願い申し上げます。

唐突ですが、弊社は今春、

「ゴルフ練習場」をやめます!

と宣言しました。

創業は1970年、地元ゴルファーに利用されて半世紀の施設ですが、今後はゴルフの練習環境だけを提供するのではなく、

「大切な人と共に過ごす時間・空間の提供を最大の価値」

とする新業態、「ゴルフ&エンターテイメント空間ROYAL GREEN」に生まれ変わります。

私は、今こそゴルフ界にイノベーションを起こす好機だと確信しており、その第一人者として、業界変革を実現する野心を抱いております。脱・練習場宣言はそこに向けた第一歩であり、賛同者から多くの支援を頂きました。

また、金融機関から1億5000万円の融資を得、さらに地元自治体からの多大なる支援を取り付けて、今年4月、水戸市内の施設(約1万4000坪)をフルリニューアルで開業しました。

詳細は次号に譲りますが、本連載では私が考えるゴルフ業界の未来像や、地方経済の実情、リニューアル後のお客様の反応など様々な切り口で「誌上ライブ配信」をしていきます。名付けてゴルフ練習場「限界突破論」――。皆様の参考になれば幸いです。

ゴルフ市場の拡大で 茨城経済に寄与したい

「3密回避」に有効なゴルフは、新型コロナの影響を受けつつ、昨年半ばから上向きになったと見られています。若者初心者の増加や休眠ゴルファーの復活もあり、特に練習場業界では昨対アップの施設が多く見受けられます。

しかし、大局的には、ゴルフ市場を牽引した戦後生まれが後期高齢者になる「2025年問題」など、すでに大きな危機が潜行しています。また、弊社が事業展開する茨城県は、都道府県別の「魅力度ランキング」で常に最下位に低迷するなど旗色が悪い。実際には梅園の名所・水戸偕楽園など魅力的なスポットも多く、県民人口は全国11位(約285万人)、平均年収も8位(約494万円)と上位の一角に数えられます。

ゴルフ市場に目を転じると、県内のゴルフ場は約120コース、練習場は約130施設で全国トップクラス。国内有数の市場規模を誇りますが、これにより「北関東」のゴルフ市場は過当競争に陥っています。

私がゴルフ市場への参入を決めたのは、まさにこのアンバランスが理由でした。

茨城県のゴルフ市場規模は大きいものの、ゴルフ業界の未来は衰退予測。そのことに加えて、県全体の観光ブランディングは非常に弱い――。同時に、ゴルフ場利用税はゴルフ場所在地の自治体に10分の7が落ちる仕組みであり、貴重な地方財源です。一連の状況を総合すれば、県を巻き込んで域内のゴルフ産業を活性化し、さらに「茨城経済の活性化」にも寄与できると考えたのです。

そこで弊社は事業目的を、ゴルフ界と茨城経済の活性化に定めました。従来の目的を再定義して、

『心から楽しむ時間・空間の提供』

となったわけです。

私たちの施設を通じて、より多くの人々が「ゴルフ」と触れ合う機会をつくり、ゴルフの楽しさを感じて頂く。ゴルフは人生の一部にすぎませんが、一人ひとりが豊かな日々を過ごすお手伝いをしたい。心からそう願い、始動したのが「ROYAL GREEN Mito」のリニューアルプロジェクトでした。弊社の基本精神は「利他主義」です。

地方創成とゴルフ市場の活性化

ゴルフ練習場の対象顧客は、基本的にはゴルファーか、これからゴルフを始めたいと思っている人たちです。しかし、対象者はそれだけでよいのでしょうか?

否――。プレー人口を拡大するためには、「ゴルフ目的」や「練習目的」以外の人々をどうやって我々の施設に取り込めるか、施設の魅力を感じてもらえるか、が重要になります。「練習場」という古臭い呼称の見直しを含め、ノンゴルファーが訪れたくなる業態にすることが最も重要です。

具体策を考えるにあたり、いくつかの軸を作りましたが、その主軸となるのが、

「地方創生×ゴルフ市場活性化」

つまり、ふたつの軸を掛け合わせて相乗効果を促す構造です。端的に言えば「ゴルフ」と「地元」を掛け合わせて「別の何か」を生み出すもの。顧客サービスの内容やデジタルマーケティングを踏まえた集客の仕組みの中に、常にこの軸を意識します。具体的には魅力度ランク最下位×農業生産出荷額全国2位を掛け合わせ、飲食で茨城ブランドの底上げを目指します。お洒落な空間で打席と食事席を一体化。結婚式の二次会や企業催事の場としても提案。『既存事業(ゴルフ)×地元(茨城)=新しい価値』の観点で考えました。

手前味噌ではありますが、決して他の練習場では真似できない、私たちの「想い」がしっかりと詰まった、新しい業態による店舗が完成したと思っております。

4月半ばのオープンは、多くの来場が訪れて賑わいました。茨城へお越しの際には是非、ご来店ください(笑)。ゴルファーもノンゴルファーも、自信を持ってご案内させて頂きます。

この構想を実現するために8年の歳月を費やしました。周囲の反対をよそに、一部上場企業を脱サラしたのは30歳のとき。ゴルフ業界への参入には私なりの勝算はありましたが、とはいえ多重債務を抱えるゴルフ練習場を買収し、代表取締役へ就任するには幾多の難問がありました。

金融機関から融資を受けるために再建計画の細部を詰め、道筋を立てる必要がありましたし、それだけではなく、建物の競売、債権者との民事裁判は第二審まで戦い、結果敗訴。また、10人の地権者にはそれぞれ思惑があり、これをまとめるために何度も足を運んだなど‥‥。難関を突破した原動力は、私の唯一の武器である「情熱」だったと思います。

次号から、私が経験した様々なリアルをお伝えします!


この記事は弊誌月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド(GEW)2021年5月号に掲載した記事をWeb用にアップしたものです。なお、記事内容は本誌掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。

月刊ゴルフ・エコノミック・ワールドについてはこちら


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

礒﨑博文

礒﨑博文

株式会社ウィルトラスト 代表取締役社長
2013年、株式会社ライフルから独立。多重債務を抱えたゴルフ練習場の運営事業を引き受け、事業再生に。現在はゴルフ練習場2店舗に対し、新たな業態、『Golf&Entertainment空間』の開発に着手。ゴルフ業界を活性化することで地方経済を活性化することを事業ビジョンとする。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 第3回  早くも現れたゴルフ練習場「挑戦」の結果

  • 第2回 まずは「社員の家族」に見てもらいたかった

  • 第1回 ゴルフ練習場をやめます!

関連記事

  • 第3回  早くも現れたゴルフ練習場「挑戦」の結果

  • 天井型弾道測定器「シグナス」新登場 24時間無人運営システムを提供

  • AI搭載のレーダー式弾道測定器「トラックマン4」インドアで続々導入の理由

  • 事業継続の「壁」相続税問題を考えるゴルフ練習場

  • インドアスクール御用達ゴルフシミュレーター『GDR』正確な弾道計測・多彩な機能・万全サポートの三拍子

  • 第2回 まずは「社員の家族」に見てもらいたかった