1. 目立つだけじゃない!?高性能ボール、ボルビック VIVID(ビビッド)の評価は?

目立つだけじゃない!?高性能ボール、ボルビック VIVID(ビビッド)の評価は?

 2017/07/11 ギア評価
この記事は約 4 分で読めます。 7,162 Views
ボルヴィック VIVID

テスタープロフィール

児山和弘
「企業とサービスにストーリーを描く」オウンドメディアの運営企画会社メディアライト代表。1999年、ゴルフパートナー立ち上げに参画しゴルフ業界に参入。以降、用品販売やオリジナルブランドの製品開発を手掛ける「39ゴルフ」の運営を経て、フリーに転身。2013年メディアライトを立ち上げ、現在に至る。

マットカラーを使いたいツアーボールのユーザーにもおススメ

まず従来品の『ビビッド』ですが、見た目が断然鮮やかですね!打った時の飛び様が、明らかに他のボールとは違います。

例えば赤だと、赤いボールがポーンと飛んでくるような、誰が見てもハッキリと弾道が分かるのがいい。ティーショットもそうですし、アプローチも同じ。グリーン上で構えてもボールにすごく集中できます。あと、ボール探しが楽ですね。ラフなど目立たないところに入っても、すぐに見つけられる。コースですごく目立つ色です。

フィーリングは、ディスタンス系。ウレタンカバーのようなモチッとした感じはありませんが、適度に柔らかく、適度に弾き感もあって喰い付き感も少しある。通常のディスタンス系のフィーリングで違和感なく使えます。

ドライバーの飛距離は、意外と初速が出てトラックマンの数字もいいですね。ひょっとすると、普段使っているツアー系のボールよりも飛ぶくらい。色だけじゃなくて、ボールの性能の高さを率直に感じました。また、アプローチはディスタンス系なので、スピンでキュッと止まる感じはありません。ただ、その分、スピン系のボールよりも打ち出しが高く出るので高さで止めるというイメージ。ロフトの立っているクラブを使ったランニングアプローチとの相性もいいですね。

どんなゴルファーにオススメする?

このモデルの推奨ゴルファーは、とにかく目立ちたい人。含浸でカバー自体に色を付けているので、発色の鮮やかさは他にはありません。コースで使うと本当に目立ちますよ。

『VIVID XT』は上級者も使えるディスタンスタイプ

Volvik VIVID & VIVID XT

続いて、新発売の『ビビッド XT』ですが、これは4層構造(『ビビッド』は3層構造)にしてヘッドスピードが35~50m/sとやや速い人に向けたモデルとのこと。打った感触は『ビビッド』よりもソフトでちょっと喰い付く感じ。その分、ツアー系に少し近い感じですね。

ただ、ポピュラーなツアーボールに比べると、ちょっとディスタンス寄りというか、イメージとしては「第三のボール」といわれるウレタンカバーのディスタンスボールに近い印象です。実際、ウレタンカバーではありませんが、スピンは結構入るので上級者でも使えるディスタンスボールでしょう。

飛距離も出ますね。喰い付きがしっかりあって、ディスタンス系らしい弾き感で初速も出ています。飛距離性能はかなり高いと思いますよ。それとディスタンス系の特徴である高打ち出し・低スピンは、ドライバーショットでもその傾向がハッキリと表れています。

また、アプローチは意外と止まります。『ビビッド』よりも明らかに打ち出しが低くて、そこからツッツッツッとブレーキがかかる感じ。マットなカラーボールを使ってみたいというツアーボールのユーザーでも、違和感なく使用できるでしょう。

『Volvik VIVID & VIVID XT』商品データ

VIVID

フェアウェイで際立つスタイリッシュな世界初のマットカラーボール

  • 他に類を見ないビビッドカラー
  • 見やすさと集中力を高める効果
  • デュアルコアが生み出す柔らかい打球感
  • 可視性がコースマネジメントを高める
  • ヘッドスピード対象:31~42m/s
  • カラー:ピンク/オレンジ/レッド/グリーン/レモンイエロー
  • 価格:5500円/ダース(税別)

VIVID XT

ボール初速とスピン性能を両立させたプレミアムカラーボール

  • つや消しビビッドコーティングで集中力が高まる
  • 驚異的なボール初速を生み出すパワーデュアルコア
  • グリーン周りでの優れたスピン性能とソフトなフィーリングを提供するジルコニウム-Ⅲカバー
  • 20面体構造の332ディンプルが生み出す直進性
  • ヘッドスピード対象:35~50m/s
  • カラー:ピンク/オレンジ/イエロー/グリーン/ホワイト
  • 価格:6320円/ダース(税別)

商品のお問い合わせ FDR

TEL:0120-000-813
http://www.volvik-golf.jp

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

ボルヴィック VIVID

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 熱中症対策に一石を投じる。高通気性キャップ『エアピーク』で真夏のゴルフを快適に

    • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!

    • キャロウェイがセルヒオ・ガルシアとの契約を発表

    • 参加プロも豪華な顔ぶれ。5時間かけても参加したいヤマハゴルフファンサミットの魅力

    関連記事

    • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

    • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

    • USGA CEOマイク・デイビス氏がゴルフボールの飛距離増大の影響について語る

    • 「プロの試合のゴルフボールを標準化するとき」 ブリヂストンゴルフCEOが提案

    • ボルビック、カラーボールが英国で大ヒット

    • ウイルソン、新製品ソフトゴルフボール発売