1. 注目記事
  2. ギア評価

軽量シャフトの真骨頂 クライムオブエンジェルの新製品ライトニングエンジェルを徹底検証

ギア評価 この記事を書いた人:
 

走り系40g台 軽量シャフトの真骨頂

クライムオブエンジェルから“しなり系の軽量”シャフト『ライトニングエンジェル』が新ラインアップ。独自の世界観で美意識を象徴するようなコスメが印象的で、ゴルフをやったことがない人でも「おっ、なんだろう」と思わず手に取ってみたくなるデザインです。

ワッグルすると、手元側から中間部にかけて動きますね。重量帯は40g台ですが、頼りないという印象はまったくありません。

今回試打するフレックスは「Ⅱ」。クライムオブエンジェルでは、SやRではなく独自基準で表記しているのも特筆すべき点です。この部分をブランドコンセプトへ繋げていると思われますが、早速検証していきましょう。

試打した印象は?

“しなり系”の観点でいうと印象通り。軽量タイプにありがちな頼りなさは全くなく、特に手元~中間部分のしなりを感じるので、切り返しのタイミングが取りやすく、力まずにスムーズに振れるシャフトといえます。

インパクト時は、「ライトニング」のネーミング通り、手元→中間部→先端にかけて、まるで波が押し寄せるかのようにエネルギーが伝わる印象。かつ、先端部分はしっかりとした剛性があるので、球を押すような手応えがあります。

通常、しなりの大きいシャフトというのは、打ち出し角が高くなる傾向がありますが、「ライトニング」では、高さよりも球を前へ、前へと押す力へ作用させ、初速アップへ繋げている。また、シャフトのエネルギーを感じる一方で、方向性も非常に優れている。

どんな人に向いている?

手元側のしなりのタイミングで打ってあげるだけでボール初速が出て、予想外の飛距離が得られるシャフトですが、しなりが伝わる過程で、捻じれるイメージは一切なく、方向性も出しやすい。技でも飛ばせて、振ってもついてきてくれますが、自分の馬力で飛ばすというよりも、スイングテンポ、タイミングを持っている方がより性能を享受できるでしょう。

スイングタイプ的には、クラブを最後までコントロールできる、フィニッシュを作れる人がジャストマッチ。また、フレックス選びでR、S、Xといった表記を敢えてしないところは、明らかにブランド戦略。『ライトニング』は、「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」の3タイプがありますが、固定概念を振り払い、自分のタイミングに合わせてチョイスすると良い結果が得られる。

飛びとエネルギー、そして初速を具現化した『ライトニング』は、多くのゴルファーへ衝撃の飛びをもたらすでしょう。

商品データ

クライムオブエンジェルの会社理念は、ゴルフ業界に新風を吹き込み新たなトレンドを作っていく唯一無二のブランド。シャフトパフォーマンスの革新に加え、デザインテイストをさらに進化させ、ブランドに変革をもたらす。目指しているのは、プレイヤーが意のままに操りステイタスを感じられる高性能シャフトである。

その同社から「Burning Angel」の飛距離が出るシャフトコンセプトはそのままに、さらに軽量化した 『Lightning Angel(ライトニングエンジェル)』がいよいよ登場。40g台の設定で、大きな飛距離を生み出すために、「Burning Angel」よりもしなり幅を大きくすることでヘッドスピードをアップ。同社阿部正和社長が、次のように話す。

「その一瞬の加速感には稲妻(Light ning)のような衝撃を受けることでしょう。本当に飛ばせる軽量シャフトを是非体感ください」

性能・デザイン全てが進化した、走り系軽量シャフトの真骨頂ここに見参。

フレックス 長さ 重量 46インチ振動数 キックポイント
1168mm 47g 205cpm MIDLOW
1168mm 48g 215cpm MIDLOW
1168mm 49g 225cpm MIDLOW

価格:5万5000円

ライトニングエンジェルのお問い合わせ

クライムオブエンジェル

TEL:03-5431-3875
http://www.coangel.tokyo


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

  • 本間ゴルフと契約のジャスティン・ローズ 14日に会見

  • ボインの次は走る力士 『アッタス』尾和社長が次作でルール適合外シャフトの可能性語る

  • 失敗を糧に体質改善のテーラーメイド M3とM4の好調で上半期4割増を達成したビジネス手法

関連記事

  • Aozora no saki ni(アオサキ)シャフトを永井プロが試打検証 

  • 思いっきり振るだけで飛ばせるシャフト「マーベリック」を検証 高弾道・低スピンはシャフト任せ

  • 三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 安定したスピン量に高いミート率のシャフト

  • 「TOUR AD Uシリーズ」ユーティリティ専用シャフトの実力は?

  • 世界最軽量スチールシャフト「N.S.PRO Zelos 6」を永井プロが検証

  • フジクラ スピーダー TRを永井プロが試打 飛距離と安定性を両立した叩けるシャフト