• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ワークス perfect pro X HOLD

    編集部
    SNSでシェアする
    新「Xパターン」が生み出すショットの安定力

    Check point!

    • 新「Xパターン」でホールド感UP
    • 手元しっかりでショットが安定
    • カウンター効果でボールがつかまる

    永井プロの試打インプレッション

    まず、握った印象としては、テーパーがハッキリとついているので、左手は太目でしっかり、右手は細目でソフトにグリップできます。左右の手の役割分担が明確に意識しやすいシェイプです。特に左手の部分でバックラインをしっかりと感じ取れるので、フェースをコントロールしやすいですね。 そして、最も特徴的なのが、従来の『Xライン』から進化させたという新「Xパターン」です。具体的には形状やサイズ、そして配列などを変更したということですが、グリップして一番感じるのは、ホールド感の良さ。細かく施されたXの角というか溝の部分が手にしっかりと引っかかるので、グリップに緩みがありません。メイド・イン・ジャパンの繊細なモノ作りが、この辺りにも見て取れます。 次に、ラバータイプとコードタイプのそれぞれの製品推奨者ですが、ラバーはとてもオーソドックスなタイプなのでどんなニーズにも対応できそうですが、重量が49gあるのでドライバーなら300g以上、アイアンシャフトだと軽量スチールよりもやや重めのタイプに装着すると、さらにバランスよくクラブが振れるでしょう。 また、ラバータイプには右手部分を少し太くした「ミッドサイズ」が加わりました。このタイプは52gと若干重さがあるので、インパクトで手元が流れにくいという特徴があります。どうしても手元が流れてスライスしてしまう人が使うと、ボールが捕まる効果も期待できますね。 一方、コードタイプはまるでクラシックコードを彷彿させるほどのしっかり感があります。それに加えて、50gとやや重めなので手元を意識してクラブを操作したいゴルファーとの相性がいいでしょう。アイアンが得意なプレーヤーが好みそうなグリップです。実際、ベン・ホーガンや陳清波プロといった歴代のショットメーカーもしっかりしたクラシックコードを愛用していたので、そんな気持ちで試してみるのも楽しいでしょうね。

    商品詳細

    ワークスは、従来品よりもホールド感をアップしたという『パーフェクトプロXホールド』を発売した。同モデルは、『パーフェクトプロ』の代名詞でもある「Xパターン」の形状やサイズ、糸の配列や太さを改良し、既存のモデルよりもホールド感をアップさせているという。その結果、握った時のしっかり感が従来品よりも高いため、汗や雨によるスリップを抑える効果がさらに高まった優れものだ。 ラインアップはラバータイプとコードタイプの2機種をラインアップしているが、ラバータイプには通常よりもテーパー形状を少なくして、右手部分(右利きの場合)を太くした『ミッドサイズ』も追加している。

    Xホールドラバー

    • 素材:ABR
    • カラー:レッド、オレンジ、イエロー、Eグリーン、スカイブルー、ブルー、ピンク、ブラック
    • 重量:49g(±2g)
    • 口径:M60/M60R
    • キャップ:ホワイト
    • 価格:オープン
    1606-perfectpro_2.jpg

    Xホールド ミッドサイズ

    • 素材:ABR
    • カラー:レッド、ブルー、ブラックの3色
    • 重量:52g(±2g)
    • 口径:M60R
    • キャップ:ホワイト
    • 価格:オープン

    Xホールドコード

    • 素材:ABR
    • カラー:レッド、オレンジ、イエロー、Eグリーン、スカイブルー、ブルー、ピンク、ブラック
    • 重量:50g(±2g)
    • 口径:M60 /M60R
    • キャップ:ホワイト
    • 価格:オープン
    • ※ブラックのみバックライン無タイプを用意。
    1606-perfectpro_3.jpg

    お問い合わせ ワークス

    撮影協力:熊谷ゴルフクラブ、カゴハラゴルフクラブ

    タグ
    ワークス