• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • イーデルゴルフジャパン Edel J Wedges

    編集部
    SNSでシェアする
    ハイバンスを提唱 日本の芝専用『DVR』

    Check point!

    • 優れたスピン性能
    • 左へ飛びにくい
    • 抜けがいい

    永井プロの試打インプレッション

    基本的にウエッジの入射角というのはキツメに入ってきますので、バンスの役割が非常に重要になってきます。これがイーデルゴルフのフィロソフィーであり、ハイバンスモデルのラインアップが特長的です。カスタムモデルですと27度まで対応できる。 実際に打ってみましたが、ハイバンス性能というのを感じることができました。具体的には抜けの良さですね。ヘッドが強い角度で入ってくるということは、左へ行くミスが出やすいのですが、ハイバンスがしっかりと受け止めて、ソールの跳ね方が左へ行かせない方向に出ていく。ラインがとても出しやすく、ボールの高さ、スピン量を確保してくれます。 ソール形状は、『DVR』、『TRP』、『DGR』の3タイプがありますが、日本の芝に合わせた『DVR』は、ライを変えて何発打っても、打点が一定して同じところに当たってくれる安心感がある。 一方、SWの『DGR』はバンカー専用モデルという位置づけで、ソール形状はいわゆるスクープソール。フェースを開いても良し、スクエアで打ち込んでも◎。特にフェースをスクエアのまま打ち込んだ時のスピン性能が際立っています。 視覚的にも左へのミスを軽減 いずれも素材は304ステンレスですが、軟鉄のようなフィーリング。ライ・ロフト角の調整も可能で、形状的にはネック部分が広くなっていて、ヘッドの先端寄りにスコアラインがついている。シャフトよりやや遠いところでヒットする、というイメージが沸くので、打点のスピードや強さがスピン量に置き換わり、視覚的にも左へのミスを軽減する。フェース面の仕上げはマット調で、打点、フェース向きに集中できるのも◎。 また、カスタムのラインですと、オリジナリティ溢れる装飾を施すことができる。そういった遊び心がありながら、機能美を満たしてくれるのがイーデルゴルフのウエッジです。 既に多くのツアープロが使っており、フィッティングシステムに長けたメーカーですので、自分に合った3つのソール形状、バウンス、フェース角を見つけると、今まで体感したことのなかったウエッジのプレー、強いスピン、方向性を導いてくれるでしょう。

    商品詳細

    • Grind Type:DVR、TRP、DGR
    • ロフト: 46°~48°、50°、52°、54°、56°、58°、60° ※DGRは58°、60°のみ
    • Bounce:14°~27°
    • シャフト:Dynamic Gold S200、Modus3 Tour105S
    • Grip:Tour G(限定グリップ)
    • 価格:2万6000円、※ヘッド単体は2万円、カスタムは別途問い合わせ
    1607-vokey2.jpg 打点がぶれない

    商品のお問い合わせ イーデルゴルフジャパン

    撮影協力:マグレガーカントリークラブ

    タグ
    イーデルゴルフ