1. 注目記事
  2. ギア評価

EVEN GOLF HR-07 Inspire C15

ギア評価 編集部

業界初の軟鉄素材C15を採用

Check point!

  • 縦の距離が合う
  • 吸い付くような感触
  • 業界初の軟鉄素材C-15の採用

永井プロの試打インプレッション

商品名にあるとおり、「C15」という素材は非常に柔らかいと感じました。インパクト時の打感の良さが伝わってきて、ボールがフェースにくっついているような印象です。ソール面がフラットということもあるのですが、ボールがコンタクトしている時の打球音も”爽快”のひとことに尽きる。

形状は独特の印象があり、ややシャープ。ストレートで長くて太めの存在感のあるネックです。また、トップブレードにストレートのラインが多く入っていますので、イメージとしてはアイアン寄りだが、トゥ側の高さ、フェース全体の厚さ、ボリューム感はやはりウエッジだと思わせる。

ターゲットに対して、アイアンのように直線的にすっきり構えられ、球をとらえる。そういった部分がデザインに織り込まれているのが分かります。

弾道もまさしくアイアン的ですね。強弾道でイメージ的には7番アイアンをウエッジにスケールダウンした印象。ライナー性の真っ直ぐな弾道でピンに向かい、キュキュっとスピンがかかって止まる。縦の距離も合いやすく、アイアンが得意なゴルファーを、ウエッジに落とし込んだモデルといえます。

イーブンゴルフのウエッジは、松山英樹選手がアマチュア時代に愛用していたことで有名。同選手はアイアンの上手いプロとしても知られ、今回の試打でその伏線を感じました。

グリーン周りやバンカーでの対応力も高い

ソール部は面を落としていますが、地面と接触する部分はフラット。バウンス角があるのでソールを使って弾道をコントロールしやすいと感じました。そういう意味で、使い手はマイボールが決まっているレベルの人が見えてきますね。

グリーン周りやバンカーでの対応力も高く、打点の抜けのスピードが出てきます。そのスピードを怖がらないで、緩まずにしっかりとインパクトできれば、抜けのスピードが、ボールのスピン量に置き換わり、強烈なスピンが期待できる。エッジはややシャープですから、ある程度上級者でヘッドの入れ方に自信のある方向きといえるでしょう。

ウエッジで新しい感覚を掴みたい方にも是非推奨したい。ゴルファーのテクニックを引き出してくれる、性能の高いウエッジだと思います。

1607-vokey2.jpg

商品詳細

愛知県を本拠地としてオリジナルブランドを展開するウエッジ『HR-07』シリーズは、アマチュア時代に松山英樹が愛用していたことで有名だ。

その『HR-07』がさらに進化。『Inspire C15』がそれで、素材にC15軟鉄を採用したことで、ソフトな打感とさらなるスピンを追求した意欲作。「従来の製品群はC25軟鉄素材を採用し、好フィーリングで人気を博しましたが、今回さらに柔らかい素材のC15を業界に先駆けて採用、製品化しました。ヘッドは姫路製で、もちろんフルハンドメイドです」ヘッド単体での販売も行っており、現在販売店を募集中。

  • ロフト/バウンス:52/08、58/12
  • 価格:各1本2万円(DG-S200、NSPRO950GH他)

商品のお問い合わせ EVEN GOLF(担当:鈴木)

撮影協力:マグレガーカントリークラブ


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証