1. 注目記事
  2. ギア評価

共栄ゴルフ工業 ZESTAIM I・O grind I・O grind Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ

ギア評価 編集部

3シリーズの横断的な組み合わせで効果絶大

Check point!

  • 匠の形状と打感を実感!
  • ソールの反応が抜群!
  • 多彩な組合せの販売が吉!

永井プロの試打インプレッション

『I・O grind Ⅰ』は、AWはややグースネックで、SWはストレートネックというように、ロフトによってネック形状を変更しています。特にSWは、リーディングエッジに丸みを帯びさせ、フェースの開閉をしやすくデザインされているので、様々な技術を引き出してくれそうです。ヘッドサイズは小ぶりで、重心距離も短いのでゴルファー自身の弾道イメージがより反映できるウエッジですね。

『 I・O grind Ⅱ』は、オフセットが少しありながら、フェース形状は面長。スイング時のイメージは、重心距離が長いためヘッドスピードも上がって、楽にスイングして距離もしっかり稼げるウエッジです。そういう意味では、ややオートマチックなヘッドという印象ですね。また、このタイプはショットからアプローチ、バンカーを含め、すべてのショットで打ち出し角も高く、ボールを上げてグリーンに止めたいゴルファーにはマッチするでしょう。

『 I・O grind Ⅲ』は見た目から分りやすく、キャビティ形状でヘッドサイズも大きく、ネックは短めでオフセットのある形状です。形状から見てとれる特長としては、アイアンセットとの流れにマッチしたウエッジで、カーボンアイアンユーザーにマッチするウエッジですね。試打してみると、オフセットがある分、ボールを捉まえる性能が高く、やや大きめのヘッドサイズによる安心感、重心距離の長い設計ですので、ボールが捉まり飛んでいくイメージです。易しいカーボンシャフトのアイアンとの相性が抜群ですね。

総合的に見ると、形状は繊細な細身の綺麗なシェイプ。ソール形状も芝に対してレスポンスが良く、軟鉄鍛造の柔らかい打感、スピン性能も特筆されます。フェースやソール形状は三者三様ですが、同じシリーズの中にも番手毎設計で絶妙に形状がフローしているのが大きな特長です。その点を活かして、同じシリーズに固執することなく、3シリーズの中で横断的にセッティングすることで、いままで以上にグリーンを戦略的に攻めることができると思います。

商品詳細

来年60周年を迎える共栄ゴルフ工業。その長きに渡り培われた軟鉄鍛造製法の匠の技を駆使したのが『ZESTAIM I・O grind ESTAIM I・O grind Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ』。工場長で研磨職人の岡村勲が魂を込めて創り上げた逸品『I・O grind Ⅰ』。フェースの開閉がしやすく、繊細なタッチや微妙な距離感など操作性の高いウエッジ。I・O grindの第二弾『I・O grind Ⅱ』はソール形状に新たな拘りを注入した究極のヘッド。『I・O grind Ⅲ』は、キャビティ、大型ヘッド、グースネックの誰でも使うことができる易しいヘッド。すべて、共栄ゴルフが長年培ってきた匠の技を注入している。

1607-vokey2.jpg

商品のお問い合わせ 共栄ゴルフ工業

撮影協力:マグレガーカントリークラブ


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証