1. 注目記事
  2. ギア評価

シャフトラボ/USTMamiya ATTAS SPINWEDGE IPを検証

ギア評価 浅水敦

シャフトがボールを押すフェース面がブレない

Check point!

  • 低弾道かつスピンが効く
  • フェース面がブレない
  • シャフトがボールを押してくれる
  • アプローチでも手元のしなりを感じられる

永井プロの試打インプレッション

120g台のウエッジ専用カーボンシャフト『ATTASスピンウエッジIP』は、従来の市場にはない新機軸。スチールシャフトで代表的なモデルは、「ダイナミックゴールド」ですが、そのアイアンセットとの流れに『ATTASスピンウエッジIP』は位置づけられます。

製品特長は、積層の厚さに集約されるでしょう。斜めのバイアス層へシートの巻き数を増やし、捻じれの少ない設計です。実際に打つと、確かにフェース面がブレないですね。オフセンターヒット時のエネルギーロスも少なく、方向性の乱れも抑制してくれる。

印象深いのは、重量の割に挙動がスムーズな点。レスポンスの良さという部分で、スチールシャフトだとモタつく感じがある、という方に最適でしょう。

シャフト挙動は、手元からミッドにかけてのたわみ感が良く出ていると思います。この部分は、スチールシャフトと同じようなしなりを感じますが、ミッドから先端にかけては、積層の厚さ、シャフトの強度がしっかりしているという部分で、『ATTASスピンウエッジIP』へ軍配が上がります。ひと口でいうと、シャフトがボールを押してくれる感触です。

低弾道でスピンの効いた球をシャフトが導く

決して先調子ではないのですが、インパクト時は先端部分が深く入っていく挙動を感じ、それを球のつかまりやすさに繋げています。タメをキープしたままでもシャフトが深く入ってくれるので、厚くて強いインパクトが可能になる仕組み。上げて下ろすだけでのスイングで、低弾道かつスピンの効いた球をシャフトが導いてくれます。

スコアメイクのカギとなるグリーン周りのショートゲームも手元側がしっかりとしなってくれますね。

最近、アマチュアの方でアプローチが苦手な方を多く見かけます。クラブは全体的に”重め”を推奨しますが、スチールシャフトのモタつきが災いしているケースもありますので、『ATTASスピンウエッジIP』ならフィーリングを一新できる可能性も。

バンカーショットも同様、先端のしっかり感により、砂の抵抗に負けずに脱出できる。モデル名にもなっていますが、IP仕上げは一見するとスチールシャフトのようにも見えます。視覚的にアイアンのスチールシャフトとの繋がりを意識しているでしょう。

  • 価格:1万4000円

1607-vokey2.jpg

重量公差は±3g

商品のお問い合わせ シャフトラボ USTMamiya事業部

撮影協力:マグレガーカントリークラブ


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゴルフR&Dセンターを立ち上げたヤマハ「やりたいことをすぐカタチに」

  • ミズノゴルフグローバル戦略モデル「JPX 921 アイアン」シリーズ

  • NEW「スリクソン ZX(ゼットエックス)シリーズ」ドライバーを新発売

  • SRIXON X2×JPDA「飛び」のタッグ誕生の理由

関連記事

  • 6代目『アッタスロックスター』先行発売及び試打会決定