• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 朝日ゴルフ用品 METALFACTORY A7ドライバーを試打

    編集部
    SNSでシェアする

    ひとつひとつモノ作りが丁寧 全数検査のこだわり

    やはり、メタルファクトリーの魅力というのはひとつひとつのモノ作り、丁寧さに集約されると思います。 出来上がったヘッドの全数検査やCT値をルールギリギリの250μsに設定するこだわり...。手のかけ方は、パーツメーカーでもトップクラスですよ。 『A7』ドライバーのヘッドもその部分は踏襲されていますね。形状的にはややシャローで投影面積も大き目な綺麗な丸型のヘッド。フェース面もスクエアに見えます。シンプルなソールデザインも◎。 このタイプの形状はやさしさがでてくるので、極端に好き嫌いは出にくいでしょう。オーソドックスでクセがありませんから、あらゆるタイプのゴルファーに合わせやすいヘッドといえます。ただ、実際の見た目のイメージよりも球のつかまり方や上がり方というのは、平均的なところに落とし込んでいます。 フィッティングの際は長さ、重さに加え、シャフトをアレンジすることによって、クラブを変化させるといいでしょう。つまり、工房のフィッターの腕が試されるということで、〝味〟をどんどん出していけるということ。そういう意味で『A7』はオンリーワンを作ってあげやすいヘッドといえます。 カラーバリーエーションも◎。クラウン部に施したマット系のブラックやミラーのほかストライプが入ったモデルもラインアップ。ほかの人とは違うモノを持ちたい方や、アドレスで安心感を出したいゴルファーにもアプローチがしやすいと思います。 初期のメタルファクトリーのヘッドでは、ブルーやレッドカラーにホワイトストライプを入れるなど、遊び心が満載でブランドの方向性を決定づけました。これは、クラウン形状が綺麗だからこそできる〝遊び〟でもあり、『A7』ももっとカラフルな色があってもいいと思う。そういうヘッドと組み合わせるシャフトやグリップの色をコーディネイトして、従来とは違ったゴルフクラブの楽しみ方も提案できる。 1609-metalfactory_1.jpg

    A7ドライバーデータ

    • 素材:6-4チタニウム
    • 製法:本体/精密4ピース鍛造製造、フェース/鍛造カップフェースプラズマ溶接
    • カラー:ミラーブラック、ブラックストライプ、サテンブラック、ミラー
    • 原産国:中国
    • 価格:オープン

    商品のお問い合わせ 朝日ゴルフ用品

    タグ
    朝日ゴルフ用品
    メタルファクトリー