1. 注目記事
  2. ギア評価

Yamaha ドライバー 「RMX 01」 「RMX 02」 「RMX TOURMODEL」

ギア評価 編集部

Yamaha ドライバー 「RMX 01」 「RMX 02」 「RMX TOURMODEL」

Yamaha RMX(リミックス)ドライバー 「01(ゼロワン)」 「 02(ゼロツー)」 「TOURMODEL」

永井延宏プロの試打インプレッション

ヘッドとシャフトを自由に組み合わせ飛距離アップを狙えるドライバー!

「総じてヤマハらしい打感や打音へのこだわりを感じられますし、低スピンでボールが飛びそうな印象を受けました。まずは445ccの『RMX 01』は、重心距離が短く浅いということで、ボールが前へ前へと進んでいく “ライナー性” の球筋になります。そういった弾道を好む方や、風の強い日に味方になってくれそうなドライバーです。先端がしっかりしたシャフトとの相性が良さそうです。比較的、敏感な動きをしますので、テクニックのある方におすすめします。『RMX 02』は、460ccと大きめのヘッドで、こちらも重心距離が短いのが特徴です。『RMX 01』との違いとしては、重心深度が深いためボールの上がりやすさを感じられると思います。左へのミスが多い人にはオリジナルシャフトがおすすめです。また、中間部がしっかりしたシャフトとの相性も良いと思います。最後に『RMX TOURMODEL』は、クラブから感じるフィーリング通りの挙動をしてくれる印象です。435ccの締まったヘッドで、バランスもよく、飛距離も出そうです。打音も適度に抑えられているため、上級者好みのクラブと言えます」

商品データ

inpresの14年モデルは「Dシリーズ」、「Vシリーズ」を統合し、「RMX(リミックス)シリーズ」としてドライバーからアイアン、アクセサリーまでトータルで展開する。 ドライバーは「リヘッド革命」と銘打ち、3種類のヘッドを提案。それに加えて4種類のシャフト、13種類のウエイトを用意しており、ゴルファー各々のレベルに合わせた最適なセッティングを実現する。有効打点エリアは約30%アップし、低スピン化を実現。さらに、重心が打点に近づきボール初速がアップしている点も特徴。飛距離性能も高まっている。

■価格

ヘッド:各4万3000円(税別) ※ツアーモデルは限定5000個

シャフト:オリジナルカーボン 3万1000円(税別) その他(Tour AD MT-5/Tour AD MT-6/Diamana W 60/ATTAS 5GoGo 6) 各4万2000円(税別)

RTSウエイト:各1600円(税別)

商品のお問い合わせ

ヤマハゴルフお客様ダイヤル

TEL:0120-808562

URL:http://www.yamaha.co.jp/product/golf/

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証