1. 注目記事
  2. ギア評価

GRAPHITE DESIGN TourAD GT-Ut Series, TourAD PT Series

ギア評価 編集部

GRAPHITE DESIGN TourAD GT-Ut Series, TourAD PT Series

GRAPHITE DESIGN TourAD GT-Ut Series, TourAD PT Series

永井延宏プロの試打インプレッション

いままでにないUT専用シャフト『GT-Ut』 正確性&飛距離を両立した名器『PT』

「『GT-Ut』は、手元側のしなりが多くタメが作りやすいので、アイアン(スチールシャフト)を振っているようなインパクト感を得られるモデル。ウッド系UTヘッドでも、打ち込んでいけるシャフトに仕上がっています。ですから、非常に方向性が出しやすく、ショートアイアンを打つようなイメージで飛距離も出ますし、ラインも出しやすい。いままでにないUT専用シャフトといっても過言ではないでしょう。特にFWが苦手で、アイアンを得意とするゴルファーに相性抜群のモデルだと思います。一方、『PT』はクセがなく、スピード感、インパクト時の厚みを感じられる非常にエネルギー効率の良いシャフトです。シャフト自体が余計な挙動をしないのでタイミングが取りやすく、プレーヤーのイメージ通り操作できるモデルといえるでしょう。特にストレート層の繊維感が強く、コシがありますから、ミスヒット時のヘッド挙動も安定。対応性が高いという意味で、長尺ドライバーでもFWにも性能が変わらず、偏りなく使えるモデルだと思います」

商品詳細

グラファイトデザインはこのたび、TourADから新たなユーティリティー専用シャフト『TourAD GT-Ut』シリーズを発売した。同シャフトは近年、プロも重要視するUTの使用応える性能を追求し、飛距離性能とともにショットの正確性も兼ね備えたモデル。同社広報担当の鈴木亮太課長は次のように説明する。「シリーズの55、65、75は、軽量ながらしっかりしたしなりで、飛距離に加え、つかまりの良さを重視。ウッド系UTにマッチするモデルです。一方、85、95、105は、重量感のある動きとキレのあるしなりで優れた飛距離性能を実現。アイアン系UTにマッチします。やさしさとしなやかさを兼ね備えたシリーズです」また、2005年の登場から現在に至るまで、プロやアマチュアゴルファーから好評を博している『PT』シリーズのリニューアルモデルも投入を開始。同シャフトは、強弾道と球のつかまりを両立した基本性能はそのままに、カラーリングのみを一新したモデル。従来の『PT』ファンのみならず、さらに多くのファンを獲得しそうなモデルに仕上がっている。

■TourAD GT Ut series スペック  価格:各1本2万3000円(税別)

GRAPHITE DESIGN TourAD GT-Ut Series, TourAD PT Series

■TourAD PT series スペック  価格:各1本 4万円(税別)

GRAPHITE DESIGN TourAD GT-Ut Series, TourAD PT Series

商品のお問い合わせ

グラファイトデザイン

TEL:0494-62-1170

ホームページはこちら

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • ジュピターテレコム、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム工業、組織改正及び人事異動のお知らせ

  • 高根カントリー俱楽部、小池武人氏が支配人を退任し、取締役に就任

関連記事

  • 驚異のしなりで飛距離アップ『AutoFlex』シャフトを永井プロが徹底検証

  • 人生最高飛距離をもたらす『MAJESTY Royale』ドライバーを試打してみた

  • ゴルフの聖地・スコットランドの『TDN GOLF』キャディバッグを常住充隆プロが解説

  • 『VATIC』のFW&HYを試打 「同じ振り」ができるクラブ?

  • 9色から選べる『カデロ2×2ペンタゴンデュオスペシャルUT』を永井プロが徹底解説

  • 藤倉の米国逆輸入モデル『ベンタスブラック』試打レビュー!