1. NIPPON SHAFT N.S.PRO Regio Formula M

NIPPON SHAFT N.S.PRO Regio Formula M

 2014/05/02 ギア評価
この記事は約 4 分で読めます。 278 Views

NIPPON SHAFT N.S.PRO Regio Formula M

NIPPON SHAFT N.S.PRO Regio Formula M

永井延宏プロの試打インプレッション

NS史上最高の”飛び”を実現したシャフト 圧倒的な加速感でボールを弾き飛ばす

「3代目の新作は、振りにいってもシャフトが暴れず、しっかりとした手応えを感じることができるので、思い切って振りきれます。中間の剛性が高く張りがあるので、先端とのギャップによる圧倒的な加速感でボールを弾き飛ばしてくれるシャフトに仕上がっていますね。また、ヘッドがあまり前に行こうとしないので、ダウンスイングで”タメを作れるゴルファー”にズバリ向いていると思います。全体を通しての試打感は、『モーダス3 ツアー130』の特性を上手くカーボンシャフトで再現していること。カーボンとスチールは全く異なる素材なのに、NS独自の剛性分布により、振り心地の統一感があります。このあたりは、総合シャフトメーカーならではの高い技術力や開発力によるものだと思います。『フォーミュラM』は、ある程度ヘッドスピードがあって、『モーダス』シリーズを使いこなせるゴルファーに最適です。アスリートゴルファーの欲求を満たしてくれる”飛び””強弾道”を演出してくれる高性能なシャフトの登場といえるのではないでしょうか。『モーダス』ユーザーの方には、ぜひ試して欲しい逸品です!」

商品詳細

素材・設計、全てで「飛び」を追求した『フォーミュラM』の最大の特徴は、”飛び”を追求する進化した素材選びにある。CSR(コアシェルラバー)・80t 超高弾性シートに加えて、新たにシャフト先端にCNT(カーボンナノチューブ)を搭載。フィルム状のCNTを採用することで、積層間の密着強度を向上させ、シャフト先端の暴れを抑えることに成功したという。また、手元補強に7軸プリプレグを搭載。手元部の頼りなさを解消し、振り遅れやタイミングのずれを出来る限り解消したという。さらに、同社が開発軸として活用している剛性分布については、特徴的な中間剛性と80tシートとの組み合わせで、強い弾き感を確保。トウダウンを防ぎ、分厚いインパクトで高初速・強弾道を実現したという。同社が世界に誇る製造チームと開発がタッグを組んで生まれた『フォーミュラM』は、好評発売中。

■価格:3万6000円

NIPPON SHAFT N.S.PRO Regio Formula M

商品のお問い合わせ

日本シャフト

TEL:045-782-2562

ホームページはこちら

【今月の特集のトップへ戻る】

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 当たり負けしないからボールが しっかりと転がる!マルマンKSパターを永井プロが徹底検証

    • ジェージーイーの新製品 一気に振り切れる『BULLET』 強・高弾道『GALPHA PRATINA』を検証

    • 初速がとにかく速い!メタルファクトリー A9ドライバーを永井プロが試打検証

    • これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバー『EZONE GT』を徹底検証

    • 触る程度に握るグリップで アプローチの幅も広がる『ウィン スパイラルプラス』

    • アッタス史上初の「軽硬」を採用。ボール初速とつかまりを最大化したATTAS CoooL(アッタスクール)