1. 注目記事
  2. ギア評価

ニコンイメージングジャパン COOLSHOT AS

ギア評価 この記事を書いた人:
 

ニコンイメージングジャパン COOLSHOT AS

ニコンイメージングジャパン COOLSHOT AS

永井延宏プロの試用インプレッション

セルフプレー時代の必需品 ゴルフ初心者にもオススメのレーザー距離計

「同製品の特長は、なんといっても広く明るい視野です。非常に見やすくターゲットも探しやすいので、ピンフラッグなどの小さい的でも当てやすいですね。これからのシーズン、早朝や薄暮プレーなど、少し薄暗い状況でプレーすることもあるかと思いますが、これだけ明るいファインダー視野であれば、問題なくプレー可能でしょう。また、ボタンを押したときのレスポンスが良いので、プレーのリズムを崩すことなく、プレショットルーティーンの一環として加えることができますし、ノンストレスで距離を測定することができます。そういった意味でも、競技志向のゴルファーのみならず、レーザー距離計をいままで使ったことのない初心者ゴルファーも、ぜひ使ってみて欲しい逸品です。また、高低差を加味した加減算距離がファインダー内で1度に見ることができるゴルフモード、他にはない高い防水・防滴構造がゴルファーのツボをしっかりとキャッチ。セルフプレーが主流のいま、同製品はゴルファーの強い味方となること間違いなしでしょう」

商品詳細

『COOL SHOT AS』は、目的地点までの直線距離、水平距離測定の従来機能に加え、ゴルフに有効な加減算距離も測定・表示することが可能なレーザー距離計。洗練されたコンパクトボディーに、ハイクラスの光学性能を搭載。例えば、ニコン独自の「近距離アルゴリズム」は、レーザーを目的物に照射した際、目的物の奥の木などに当たり、複数の距離データが得られた場合、最も近い距離を表示してくれるゴルファー目線の画期的な機能(※「遠距離優先モード」も搭載。切り替え可能)。また、ボタンを押し続ければ約8秒間連続測定できる「コンティニュアス機能」、雨天でも安心な防水・防滴構造(1mの水深に10分間浸かっても影響のない防水構造)、多層膜コーティングを施した6倍の高性能ファインダー、のぞきやすい大きな接眼レンズ径を採用するなど、使いやすさへのこだわりも随所に散りばめられている。

■価格:オープン価格(店頭実勢価格3万4800円前後)

■測定可能距離:5~600yd.(4.5m~550m)

■本体サイズ(長さ×高さ×幅):113×70×39mm

■本体重量(電池除く):約175g

ニコンイメージングジャパン COOLSHOT AS

商品のお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンター

TEL:0570-02-8000

ホームページはこちら

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 衝撃のフィーリング!『MYSTERY(ミステリー) CF-455TOUR ドライバー』を試打検証

  • 永井プロが試打!JBEAM G-801、ZⅡドライバーの評価は!?

  • はしご型のグリップはソフトに握れてミス軽減?『LADAR GRIP(ラダーグリップ)』を永井プロがテスト!

  • レーザー距離計 Volvik Range FinderV1(ボルビック レンジファインダーV1)の性能は?

  • イーグルビジョンネクストを使ってベタピンを狙えるのかテストしてみた!

  • ツアーB XD試打レビュー:初体験の打感、金属弦が初速を上げる!