1. 注目記事
  2. ギア評価

ニコンイメージングジャパン COOLSHOT AS

ギア評価 編集部

ニコンイメージングジャパン COOLSHOT AS

ニコンイメージングジャパン COOLSHOT AS

永井延宏プロの試用インプレッション

セルフプレー時代の必需品 ゴルフ初心者にもオススメのレーザー距離計

「同製品の特長は、なんといっても広く明るい視野です。非常に見やすくターゲットも探しやすいので、ピンフラッグなどの小さい的でも当てやすいですね。これからのシーズン、早朝や薄暮プレーなど、少し薄暗い状況でプレーすることもあるかと思いますが、これだけ明るいファインダー視野であれば、問題なくプレー可能でしょう。また、ボタンを押したときのレスポンスが良いので、プレーのリズムを崩すことなく、プレショットルーティーンの一環として加えることができますし、ノンストレスで距離を測定することができます。そういった意味でも、競技志向のゴルファーのみならず、レーザー距離計をいままで使ったことのない初心者ゴルファーも、ぜひ使ってみて欲しい逸品です。また、高低差を加味した加減算距離がファインダー内で1度に見ることができるゴルフモード、他にはない高い防水・防滴構造がゴルファーのツボをしっかりとキャッチ。セルフプレーが主流のいま、同製品はゴルファーの強い味方となること間違いなしでしょう」

商品詳細

『COOL SHOT AS』は、目的地点までの直線距離、水平距離測定の従来機能に加え、ゴルフに有効な加減算距離も測定・表示することが可能なレーザー距離計。洗練されたコンパクトボディーに、ハイクラスの光学性能を搭載。例えば、ニコン独自の「近距離アルゴリズム」は、レーザーを目的物に照射した際、目的物の奥の木などに当たり、複数の距離データが得られた場合、最も近い距離を表示してくれるゴルファー目線の画期的な機能(※「遠距離優先モード」も搭載。切り替え可能)。また、ボタンを押し続ければ約8秒間連続測定できる「コンティニュアス機能」、雨天でも安心な防水・防滴構造(1mの水深に10分間浸かっても影響のない防水構造)、多層膜コーティングを施した6倍の高性能ファインダー、のぞきやすい大きな接眼レンズ径を採用するなど、使いやすさへのこだわりも随所に散りばめられている。

■価格:オープン価格(店頭実勢価格3万4800円前後)

■測定可能距離:5~600yd.(4.5m~550m)

■本体サイズ(長さ×高さ×幅):113×70×39mm

■本体重量(電池除く):約175g

ニコンイメージングジャパン COOLSHOT AS

商品のお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンター

TEL:0570-02-8000

ホームページはこちら

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証