1. 注目記事
  2. ギア評価

マルマン SHUTTLE i4000ARⅡ FAIRWAY WOOD

ギア評価 編集部

マルマン SHUTTLE i4000ARⅡ FAIRWAY WOOD

マルマン SHUTTLE i4000ARⅡ FAIRWAY WOOD

永井延宏プロの試打インプレッション

番手によって性能が変わるFW!?幅広ソールでラフからでも楽々グリーンオン!

「非常にラインアップが豊富な同シリーズですが、番手によって性能が変わります。W2~5は、同社のマジェスティのドライバーのように『オートマチックに振れば、楽につかまってスライスせずに遠くへ飛ばせる』という飛距離重視のモデル。W7~ 13 は、深重心でボールを拾って楽に上げてくれるモデルに仕上がっています。 特筆は特徴的な幅広ソールで、これにより芝を押さえ、夏場の強いラフからでもボールを簡単にとらえることができ、かつ抜けもバツグン!フェース上下のオフセンターヒットにも強く、深いラフからでもダルマ落し的なミスが出ない設計になっています。 ラフからでも、名門コースの砲台グリーンやバンカー越えといったように、どんなシチュエーションからでもグリーンを狙っていける。そういった攻撃的なプレーが可能なFWです」

商品データ

同モデルは、やさしく飛ばせる大型ヘッドの基本コンセプトはそのままに、より実践で性能を発揮する新機能が満載!まずは、クラブの曲がりにくさの指標となる慣性モーメントだが、なんと4000g・緕黴€を実現。これは、400緕、オーバーのドライバーと同等の数値。この数値だけを見ても、打点のバラつきに強く、安定した飛距離と方向性を可能にしたことが分かるだろう。また、トウ・ヒールのソールラウンドを小さくする「スーパーラウンドソール」を採用。インパクトエリアでの抵抗を圧倒的に小さくし、最大スピードでのショットが可能となった。さらに、サイドソールを大きく削ぎ落とす3段階の「ステップバックソール」により、ショットの際の接地面積を大幅に減少。ラウンド中の様々なライから気持ちの良い振り抜きを実現。 今、流行の上級者向け「飛ぶスプーン」とは一線を画す、アマチュアゴルファーのことを考え、FWで安定して飛ばすための機能を満載した同シリーズは、大型ヘッドの安心感&小型ヘッドの操作性、その両方を兼ね備えたエース的存在の欠かせない1本になりそうだ。

番手別リーディングエッジ設計による抜群の抜け

リーディングエッジの角度を番手の役割に応じて設計。ロング番手はボールを拾い上げるイメージを、ショート番手はアイアン感覚で狙っていけるイメージを持たせました。

マルマン SHUTTLE i4000ARⅡ FAIRWAY WOOD

■価格:W2(13度)、W3(15度)、W5(18度)、W7(21度)、W9(24度)、W11(27度)、W13(30度) 各4万2000円

商品のお問い合わせ

マルマン

TEL:03-3526-9988

URL:http://www.maruman-golf.jp/

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • KBS初のウッド用カーボンシャフト『KBS TD』登場!その評価は?

  • 『MEGEM(ミゲム)』MIRAIが放つ低スピンヘッド!蒼い宝石を徹底検証

  • エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」

  • 最速粘り系シャフトArch 『CA-01』『CA-01P』を徹底検証

  • ラウンド後のボディケアに 『シリアス 近赤外線温熱LED』を試してみた

  • 『VATIC』ドライバー試打 ヘッド一つで理想の弾道を出せるのか? 徹底解説