1. 注目記事
  2. ギア評価

フォーティーン RM-12 WEDGE

ギア評価 編集部

フォーティーン RM-12 WEDGE

フォーティーン RM-12 WEDGE

永井延宏プロの試打インプレッション

安定したハイスピン性能 高い対応力の最新ツアーウエッジ

「やはりフォーティーンさんのウエッジは安心感、安定感がありますね。特にスピン性能に関して特Aクラス!実際に打って感じるのは、ネックの長さ、テーパーブレードの厚み、溝、全体の形状に至るまで、それらすべてが安定したハイスピンを生み出すため非常によいバランスで仕上がっていることに驚かされます。つかまりも良く、しっかりとフェースに乗りますから、スピンも利いて、コントロール性能に長けています。ですから、夏芝の強いラフからでも、スピンが入りやすく、グリーンを狙うことが可能。最新の『Hソール』は、ツアーモデルらしく非常にレスポンスが良い設計ですが、多少のミスをカバーしてくれるやさしさも持ち合わせたソールに仕上がっています。いままでフォーティーンのウエッジは難しいのでは?という印象を持たれていたゴルファーにもオススメの逸品といえるでしょう」
試打クラブ:52 / 10、58 / 12

商品データ

同モデルは、ツアープロの要望に卓越した総合力、高い信頼性で応えた最新のツアーモデルウエッジ。ヘッドは、ブレード上部方向に、より厚みを持たせることでヘッドの挙動を安定させる「リバース・マッスル設計」、一本一本ていねいに彫刻で入れられた新溝ルール適合の溝形状、精度の高いエッジにより、ドライな状態はもちろん、雨の日やラフからのショットに強さを発揮する「新・台形スコアライン」を採用。48度~58度モデルに関しては「Hソール」を採用。これは、ソール面全体をトウヒール方向にややラウンドを持たせながら、トウとヒール部の後方を大胆にカットしたソール形状。フェースを開閉してもバンスの利き具合が一定で変わらず、技が活かせるツアー仕様のソールデザインに仕上がっている。一方、60度モデルに関しては、ソール中央部にハッキリとした山型の稜線を持つ「Tソール」を採用。フェースを大胆に開いて使うツアープロの要望に応えたソール形状となっている。

フォーティーン RM-12 WEDGE

■価格:ニッケルクロムメッキ・ハーフマット仕上げ 各2万1000円、ノーメッキ黒染め仕上げ 各2万3100円

商品のお問い合わせ

フォーティーン

TEL:027-387-8760

URL:http://www.fourteen.co.jp/

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ヨネックス。人事異動のお知らせ

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 3段ソールでアマチュアのミスを防ぐ ムジーク『フィフティーズ』ウエッジ

  • パトリック・リードが共同開発 グラインドワークス『PR-202』『MB-101A』

  • 夏のラフから「77」でグリーンを狙う? キャスコ『UFO Speed』を坂本龍楠が徹底試打!

  • 最新GPSウォッチ3機種を山本茉央&くわっきーがコースで比較してみた

  • 熟練ゴルファーに飛距離を与える『XP-03』 ゴルファーの技を引き出す軟鉄鍛造『KP-105』

  • レーザー&GPSのハイブリッド距離計『SL2』で山本茉央がコース攻略