1. 注目記事
  2. ギア評価

TaylorMade NEW GLOIRE DRIVER

ギア評価 編集部

TaylorMade NEW GLOIRE DRIVER

TaylorMade NEW GLOIRE DRIVER

永井延宏プロの試打インプレッション

日本のゴルファーに向けてさらに進化

「フェース部には、『グローレ リザーブ』で一定の評価を得たカーボン素材が用いられていますが、インパクト時の挙動が独特ですね。カーボン単体の反発性能もさることながら、ヘッド全体でボールを抑え込むようなフィーリング。フェースにボールが乗っている時間が長く、エネルギー効率が非常に高いと感じました。そのことはインパクトデータにおいても明白で、ヘッド体積(460cm3)に加え、フェース面の大きさも作用していると思われます。最大特徴は、専用設計シャフトに集約されるでしょう。試打クラブは標準仕様のGL 2200(S)を装着。長さは46.5インチの長尺仕様ですが、長さに惑わされることはありませんでした。実際に打ってみると分かりますが、長尺を長尺らしく振れる設計が施されています。ひとくちでいうと、振り急がないんですね。長尺らしい振り心地で、手元側から先端にかけて順番にゆっくりしなり戻ります。その挙動はまさしく〝ムチ ″ という表現がピッタリではないでしょうか。ターゲットはパーシモン全盛時代に重いクラブでスイングを培ったゴルファーが見えてきます。当時の飛距離を取り戻したい往年のゴルファーや、次のステージへチャレンジしたい夢を持った方にも是非推奨したい1本です。クラウン部のカラーリングは、従来のホワイトから一転、シルバーメタリックを採用、曲線を基調としたデザインが目を引きます。ネック部は脱着式で、ロフト角調整機能も搭載しているので、自分のポジションを探してみてください。完成度は非常に高いと思います」

商品データ

■ヘッド素材:アルファ・βチタン

■フェース素材:グラファイト・コンポジット+サーモセット・ウレタン

■ロフト角:9.5、10.5

■ライ角:58度

■ヘッド体積:460cm3

■長さ&硬さ:GL2200(46.5)S~R2、FUBUKI K50(46.25)S、SR、R

■価格:GL2200 = 8万9250円、FUBUKI K50 = 9万9750円

TaylorMade NEW GLOIRE DRIVER

商品のお問い合わせ

テーラーメイドゴルフ

TEL:0120-558-562

URL:http://japan.taylormadegolf.com

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 7代目は何が新しいのか?『スピーダーエボリューション7』を徹底検証

  • ATTAS史上初の「叩ける」中元調子12代目『DAAAS』を徹底検証

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?