1. 注目記事
  2. ギア評価

GRAPHITE DESIGN TourAD MT Series

ギア評価 編集部

GRAPHITE DESIGN TourAD MT Series

GRAPHITE DESIGN TourAD MT Series

永井延宏プロの試打インプレッション

その性能の高さは、すでにツアーで実証済み。強く長いインパクトが体感できる『MT』

「『MT』は、中間部の張りが強く、手応えがあり、暴れない安心感があります。公表している数字以上の低トルク感がありますね。手元は程よくしなってタイミングも取りやすいのですが、私は特に、握っている部分(グリップ部)のしっかり感を感じました。中間部とグリップ部がしっかりしているので、スピードを出しやすく、そのスピードをボールに伝えやすいシャフトです。いわば、エネルギー効率の高いシャフトといえるでしょう。特徴としては、シャフト自体の変形が少なめなので、シャープに振り抜くイメージが湧きやすく、打つほどに自然とヘッドスピードが上がっていくのが分かります。スイングプレーンが安定しているプレーヤーは、通常のスペックでOKですが、プレーンの安定しないゴルファーは、普段よりも少し重め・やわらかめを使うことで、強く長いインパクトゾーンを体感することができると思います。大型ヘッドと非常にマッチするモデルですから、大きなスイングでビッグボールを狙ってください!イエローカラーもグリーンに映えてバッチリ。お世辞抜きで私も使いたいシャフトです」

商品データ

グラファイトデザインは11月7日、TourADの2014年モデル『MT』シリーズを発売する。ちなみに、『MT』は「mountain top(山頂、頂上)」の略。 同シリーズは、中間部分の剛性を高め、手元と先端に程よくしなりを出したモデル。手元部分の粘りによる切り返しでのタイミングの取りやすさに加え、先端のしなり戻りによって、強く長いインパクトを体感できるシャフトだ。同社広報担当の鈴木亮太課長代理は、同モデルの特徴を次のように語る。「『DI』をベースに、中間部の剛性を高め、さらにそれを長めに設定しているため、非常にタイミングが取りやすく、強く長くボールを押せるタイプのシャフトに仕上がりました。スイングタイプとしては、どちらかというと ” スイングテンポが速くないプレーヤー ” 向き。切り返しでの間をとれるタイプにピッタリのシャフトです」―。

GRAPHITE DESIGN TourAD MT Series

■価格:各1本 4万2000円(税込)

商品のお問い合わせ

グラファイトデザイン

TEL:0494-62-1170

URL:http://www.gd-inc.co.jp

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 朝日ゴルフ2022 – Webカタログ

  • 渡辺製作所 ソケットカタログ2022– Webカタログ

  • ゴルフシーズンを盛り上げる!最新ゴルフ用品&サービス大集合の特設サイトオープン!

  • 二木ゴルフ、役員選任のお知らせ

関連記事

  • ベンタス TR ブルーシャフトをHS40m/sのアマチュアゴルファーが試打検証

  • アイドル山本茉央と永井延宏が『B-LD』(ブリヂストン)を試してみた

  • アイドル山本茉央と永井延宏が『ONOFF LADY』(グローブライド)を試してみた

  • 「STEALTH」ドライバー、カーボンフェースのメリットを検証する

  • 現役アイドル山本茉央が1本で2形状の「TF-01Mirai」試してみた

  • 単なる距離計じゃない、スコアを伸ばす統計も分かる「Shot Scope V3 GPSウォッチ」