1. 注目記事
  2. ギア評価

マルマン ZETA DRIVER / FW

ギア評価 この記事を書いた人:
 

マルマン ZETA DRIVER/FW

マルマン ZETA DRIVER/FW

永井延宏プロの試打インプレッション

革新的な第3世代アジャストメント機構搭載。最高の打感と爽快な弾き感で飛びを操れ!

「同ドライバーを打ってみた第一印象は、” ゴルファーの感性が伝わるクラブ” で、イメージしている弾道やスイングに対して、クラブ全体が非常にレスポンス良く反応してくれます。打感、弾き感に関しては、本格的なプロモデルのように芯に当たった手応えを十分に得られます。私が特に気に入ったのはシャフトで、非常にエネルギー伝達率がいいですね。形状をみると手元側がやや太く、先端にかけてテーパーが強くなっています。ですから、スイングしたエネルギーがしっかりと中間部から先端、そしてヘッドへ伝わるので、ボール初速の向上が望め、飛距離もアップ。つかまり具合もちょうど良いバランスです。そして、同モデルには長さ調整機能が付いていますが、私もドライバーで一番重要視するのが長さです。通常、長さが変わってしまうと振り心地まで変わってしまいますが、同モデルはそれに対するウェイト調整が緻密に考えられているので、振り心地が変わらない。これは、ゴルフクラブのことを知りつくした同社のものづくりへの真摯な姿勢を感じました」

商品データ

PING Scottsdale TR Putter

マルマンから世界戦略モデルと位置づけられた『ZETA(ゼータ)』シリーズ。そのドライバーに搭載された「マルチ・フィッティング・システム」は、4種類のバランス可変、8種類のライ角・フェースアングル可変に加え、3種類の長さ可変が可能。従来モデルになかった” 長さの調整” が可能になったことで、その日のコンディションで飛距離重視や方向性重視にすることはもちろん、振り心地、弾道調整など、より多くの要素の調整が可能だ。また、同モデル専用の部分薄肉フェース設計、その素材には一般的な6- 4Tiの約1.4倍もの強度を誇る「ZA008N」を採用。機能面のみならず、設計・素材に関してもプレーヤーのポテンシャルを最大限に引き出すこだわりをみせる。さらに、同FWには弾道調整を大きく行う重量差の大きい(4g、19g)ウェイトを搭載。ウェイトを入れ替えるだけで深重心、浅重心に設定が可能。コンディションに合わせて理想的な弾道を得られるまさに” 飛びを操る新種” の誕生だ―。

■価格:各5万8800円(ロフト:9.5 度、10.5 度) 「45.0、45.5、46.0 インチの3 種類の長さ調整が可能!」

ZETA FW

マルマン ZETA DRIVER/FW

■価格:各2万9400円(W3 / 15 度、W5 / 18 度、W7 / 21 度、W9 / 24 度)

商品のお問い合わせ

マルマン

TEL:03-3526-9988

URL:http://www.maruman-golf.jp/

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 衝撃のフィーリング!『MYSTERY(ミステリー) CF-455TOUR ドライバー』を試打検証

  • 永井プロが試打!JBEAM G-801、ZⅡドライバーの評価は!?

  • はしご型のグリップはソフトに握れてミス軽減?『LADAR GRIP(ラダーグリップ)』を永井プロがテスト!

  • レーザー距離計 Volvik Range FinderV1(ボルビック レンジファインダーV1)の性能は?

  • イーグルビジョンネクストを使ってベタピンを狙えるのかテストしてみた!

  • ツアーB XD試打レビュー:初体験の打感、金属弦が初速を上げる!